2021/10/10

レバノン全土で停電が続く

Blackout 中東レバノンで10月8日から,2カ所の大規模発電所が燃料不足のため相次いで操業を停止して全土で停電したそうです。停電はしばらく続く見通しだそうです。経済危機のレバノンで,輸入に頼っている燃料が輸入できなくなってこういうことが起こったという事です。
 このニュースを聞いてまず思ったのは,ワクチンがダメになるだろうなという事です。物によっては冷凍,物によっては冷蔵で保管する必要があるワクチンは,全て使えなくなってしまった事でしょう。
 燃料を輸入に頼っている電気というのは,日本も同じです。原因は違うとしても,燃料不足は日本でも起こりうる事でしょう。明日は我が身。

| | コメント (0)

2021/09/18

行政のDXは風前のともしび?

Degitalgov 「行政のDXは風前のともしび、デジタル庁が失敗するこれだけの理由」という記事を読みました。さまざまな失敗する理由が書いてある記事ですが,全部行政内部の話なのですね。
 行政でのDXが困難なのは,行政に外から関わる一般国民が,十分デジタルを扱いきれていないからだと,私は思っています。
 役所への書類の提出や役所からの書類を含む情報を,デジタルで提出し受け取れる人がどのくらいいるのか?
 スマホくらいでなら提出し受け取れるだろうと思ったら大間違い。電話や写真撮影くらいならできても,デジタルでの情報の出し入れなどできない人がいかに多いことか。それにセキュリティーが絡んで,手順が複雑になり,ほとんどデジタルに暗い人には不可能になってしまいます。
 役所よりまず国民のデジタル改革が必要です。

 そんな意味で,多分この問題は,ITに詳しい人が論じてもダメでしょう。所詮役所内部のデジタル化の話にしかならない。スマホでデジタル書類を出し入れできない人のことを思い浮かべることができる人でなければね。

| | コメント (0)

2021/09/04

菅首相,退任

Suga つい先日まで総裁選に出馬するといっていた菅首相は,総裁選に出馬しないことになりました。7月3日午後11時半過ぎから開かれた党本部での臨時の役員会で,菅総理大臣は「新型コロナウイルスの対策に専念したいので総裁選挙には立候補しない」と述べたものです。
 出馬すると言っていた時は,結構私の周囲の政治通な人の間では,"菅さんでいいと思っている" という話が交わされていた印象で,実は密かに私もそう思っていました。しかしその後,出馬せずということになり,「あらま,はっきり言って,残念。パッと一般的な国民受けする人ではなかったけどね。参謀タイプということなのかね。通好みの首相ですからね。」という事になりました。
 菅首相退陣のニュースにしても,さまざまなニュースサイトの読者コメントもさまざまで,ニュースピックスなどでは残念がる人が多いようです。ニュースサイトによってコメントの傾向が異なり,なかなか面白いですね。

(菅首相が,口絵のような「令和おじさん」になったのは,まだ官房長官時代のことでしたね。)

| | コメント (0)

2021/09/02

解散は,するの? しないの?

Gijido 二つの記事があります。一つは,「首相、9月中旬解散意向 党役員人事・内閣改造後」という記事であり,もう一つは「首相 "今は解散できない"」
 正反対の記事ですが,前者の記事がまず出て,後にそれを否定する形で後者の記事が出たわけです。前者は複数の政権幹部が7月31日に明らかにしたとの話,後者は8月1日に,菅総理の口から官邸で記者団の質問に答えたもので,はっきりした口調で解散を否定しています。
 まあ,周囲から「解散する」という情報が流れたところでそれをはっきり否定するということで,うがった見方をすれば,シナリオ通りのお芝居だったと思えないこともない。そういう演出だったのか,そうではなかったのか?
 いずれにしろ「解散はできません」というのが,菅総理本人からはっきり語られた事実ですから,結局解散は行わないという事にはなるのでしょうね。

| | コメント (0)

2021/08/29

ワクチン格差

Colonagreen 国際的なワクチン格差を解説した記事を読みました。この記事は有料コンテンツなので,リンクを貼っても誰もが読めるわけではないのが残念です。
 この記事によると,世界各国のワクチン接種完了者の割合のトップテンは,UAE,シンガポール,ウルグアイ,イギリス,ドイツ,フランス,アメリカ,日本,トルコ,ブラジル。このうちトップスリーのウルグアイまではそれぞれ70%を超えており,それに続く欧米各国が50〜60%,次の日本は45%弱となっています。ワクチン完了者の割合が10%以下の国というと,アフリカのほとんどの国,サウジアラビアなどアラビア半島の富裕国以外の中東各国,そして東南アジア。世界で打たれたワクチンは50億回ですが,低所得国はたった0.2%を占めるにすぎません。
 そんな低所得国にワクチンを届ける仕組みが2020年4月に発足した「COVAX(コバックス)ファシリティ」です。WHOが主導し,アメリカ,日本,西欧諸国などが資金を拠出しています。しかし,COVAXは2021年中に20億回分を配布する目標を掲げていたものの,8月中旬時点でその数は約2億回分と,目標の10分の1にとどまっているのが現状です。その最大の理由は,各国が自国のワクチン確保を優先したからです。欧米や日本などの先進国,世界のワクチンの6割を作るという創薬国インドなど,自国の感染状況が,COVAXへのワクチン供給を許しませんでした。各国が確保したワクチン量のトップスリーが,アメリカ,ドイツ,日本で,20億回分以上を確保している国です。
 その他,各国政府が独自にワクチンを提供している分というのもあります。例えば,日本は台湾,ベトナム,インドネシア,マレーシア,フィリピン,タイに,日本で製造したアストラゼネカのワクチンを1130万回分供与しています。
 この記事には,以上のことが解説されていて,世界的な新型コロナワクチン事情を知ることができます。

 ワクチンも,常温に近い温度で保存できるタイプもあるものの,効果の高いmRNAワクチンなどはマイナス何十度というかなりの低温での冷凍保存が必要となり,そもそも低所得国では手を出せないということもあるかと思います。
 インドでさえ,電力事情が悪く,停電が頻発する環境で,「低音保存が必要なワクチンをもらっても・・・」という事があるようです。日本でも冷凍機のコンセントが抜けたなどという理由で,相当数のワクチンが廃棄されましたよね。
 記事には書いてありませんでしたが,この冷凍保存の必要性というのは,やはりワクチン格差を生む一つの要素でしょう。

 インドやペルーなどでは,ワクチン接種率は少なくても,ある程度感染が蔓延し,重傷者・死亡者も多いが現在残っている国民はかなりの確率で "感染→抗体を持つ" というプロセスで集団免疫状態になっていると言われています。そういう抗体の持ち方ということも,記事では言及されていませんでしたね。

| | コメント (0)

2021/08/28

アフガニスタンから1人をパキスタンに移送

C2 アフガニスタンからの日本人の退避を担うために,自衛隊機が現地へ派遣されていますが,8月27日夜になって,アフガニスタンのカブール国際空港にたどり着けた日本人1人を,隣国パキスタンイスラマバードに移送を行なったというニュースがありました。カブールに入っていた外務省や防衛省の先遣隊チームや自衛隊員も,この輸送機でパキスタンイスラマバードに引き上げたようです。
 日本人,アフガニスタン人含めて500人の退避を予定していましたが,やっと1人を退避させることができたものです。問題は,退避すべき人たちがカブール国際空港にたどり着けない事で,イスラム国の自爆攻撃なども関係しているようですね。
 27日までという予定だったアフガニスタンからの日本人の退避ですが,これで中止となってしまうのでしょうか? ドイツ,オランダなどヨーロッパ各国も同様の自国民の待避活動を行なっているようですが,いずれも中断しているようですね。
 イスラマバード国際空港の他に,アメリカ軍がおさえていた空軍基地からすでに撤退してしまい,使える空港が国際空港だけになっているというのもアメリカの失敗と捉えられているようです。
 とにかく,現地に残されている方々の無事を願うしかありません。

(写真は国産C-2輸送機の模型。アマゾンのホームページより。)

| | コメント (0)

2021/08/26

イスラエルでコロナ死亡者増加

Colonagreen 新型コロナ感染対策の優良児だったイスラエルで,感染者やコロナによる死亡者が増加しており,行動規制の再発動を行い,ロックダウンの再発動も検討されているとの事です。早期にワクチン接種した人がここへきて感染し重症化し死亡する例が現れているという事で,やはりワクチンの効果減退という事なのでしょう。
 そもそも,ワクチンは4〜5ヶ月しか効力を発揮しないと言われていました。インフルエンザワクチンだってそんなものです。しかし季節性のインフルエンザは,接種してから4〜5ヶ月もたてば流行が収まってしまいますが,季節性でない新型コロナはそういうわけには行きません。流行中はおそらく年に3回ぐらいは摂取する必要があるのでしょう。そうなると,日本でも,4月に打った医療関係者は,9月には再接種しなければならないのでしょう。
 そういえば同じような話は,以前も書いたような気がする

 イスラエルの感染爆発について,ワクチン自体のデルタ株への効きが悪いということを原因に挙げる方がいますが,東京墨田区や福島相馬市など,ワクチン接種で進んでいる自治体で今に至るも重傷者がゼロだとかいう話を聞くと,原因はそっちではなく,やはりワクチン効果の時限現象なんだろうなと思います。

| | コメント (0)

2021/07/12

中国製ワクチンを使う国で感染拡大は必ずしもワクチンの失敗を意味しない

Colonagreen 「中国製ワクチンを使う国で感染拡大、必ずしもワクチンの失敗を意味しない理由」という記事がネット上に載っていました
 これは,感染を研究している知人からも聞いていました。
 曰く,「どのワクチンを打っても,死亡率は確実に減らせる。感染率はワクチンの種類によって差があり,ファイザー,モデルナのm-RNAワクチンに利があり,中国製はインフルエンザワクチンと同程度,アストラゼネカとJ&Jはその中間。」
 中国製ワクチンは,”感染しない” に対しては効果がないかもしれないが,"死亡しない" に対しては十分効果があるということです。
 しかし私などは,感染したら隔離生活を送らなければならないし,無症状で感染を知らなければ他人を感染させる可能性が大きいし,感染して軽く済んでもだるさが一生残るとか,髪の毛が抜けるとか,集中力が一生戻らないとか,後遺症が残る可能性が大きく,まあ,「感染しないほうがいいな」とは思います。

 記事によると,モンゴルでは国民の80%は中国製ワクチンを接種済みで,"死者の96%はワクチン未接種か1回のみの接種の人" だという事ですが,中国製のワクチンにより感染は食い止めることができず,それらの感染者からワクチン未接種者に感染が広がり,多くの死者を出しているということでしょう。中国製のワクチンを接種した人自身は死亡しないとしても。
 「感染しても死亡しなければいいでしょ」というわけにはいかない理由が,そこにあるように思います。

 一方,別の知人は,"新型コロナウイルスは,基礎疾患のある人,抵抗力のない人を死亡させ,健康な人とは共にうまくやっていくように絶妙なバランスでつくられており,健康な人はあまり心配はいらない" と言っています。「新型コロナなんて,ほんの風邪ていどのもの」という,例の空元気を言う人がいますが,本当の意味で健康な人にとっては,それは正しいということです。
 しかし,自分は健康だと思っていても,本当の意味で健康かどうか,普通わかりませんよねwww。
 結局のところワクチンは,健康でない人を生き永らえさせるもので,しょせん健康でないのだから,「ワクチンを打って死ななくても,健康にはなれないよ」との事です。

| | コメント (0)

2021/07/07

なぜ中国はどうしても台湾が欲しいのか

Taiwan-china ネット上に,「なぜ中国は、どうしても台湾が欲しいのか」という記事がありました。
 その記事では,"中国共産党は党の三大任務が「近代化建設」「世界平和の推進」,そして「祖国統一の大業」であって,台湾を飲み込まない限り党の三大任務は完成しない" からだと結論づけています。
 まあ私は,台湾は,中国から太平洋に出るのに,邪魔だからだと思います。
 でもはっきり言って,最も邪魔なのは日本です。中国から見れば,太平洋との間に要塞のように弧状に立ちはだかっています。東アジアの地図を見ればわかるでしょ。地球儀で見れば,九州から台湾の間が空いているように見えますが,そこは台湾直近まで沖縄県なんです。中国と太平洋の間は,日本領と台湾領が防波堤の様に中国が太平洋へ出るのを阻んでいるというわけです。

| | コメント (0)

2021/07/06

都議選が終わってみれば・・・

 7月4日に投票が行われた東京都議選。ふたを開けてみれば,50議席を伺うと言われていた自民党がまさかの大敗に終わったという事でしょうね。
 劣勢と言われた都民ファーストが,大勝するはずだった自民党より2議席少ないだけというのはどういう事でしょう。都民ファーストは,改選前の45議席から32議席へと減っている事は減っていますが,そもそももっと減る予定だったわけで,それが自民党より2議席少ないだけ。
 たった1日,都民ファーストの選挙応援に出た小池知事に,完全にやられちゃったという事?
 最終日にだけ選挙応援に出た小池氏の登場が,都民ファーストにとってクライマックスで大盛り上がりという感じだったようですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧