2020/07/02

ハンコ制度継続を・・・自民はんこ議連

Stamp_20200627205301 もう旧聞に属するのですが,自民党の「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)が,はんこ制度の継続を訴える要望書を,6月19日付で岸田文雄政調会長に提出したそうです。新型コロナウイルス対策として広がったリモートワークの推進をはんこが阻んでいるとの声が出ていることについて「いわれないバッシング」と反論しているとの事。
 ハンコを使わない海外企業の日本法人に勤めている知人によると,サイン文化というのは,時としてスムーズなビジネス運営を妨げるそうです。ハンコなら,出張中の上司に「机の中のハンコ,押しといていいですか?」と電話で了解を取るだけで仕事が進むところが,サインだと出張先まで追いかけてサインをもらわなければならないのだとか。
 私も何年か前,某地方の支社にハンコを預け,必要な都度それを使ってもらい,客先の前でハンコを押さなければならないときだけ(プロジェクト進行中,最後の1回だけ)現場に私が出張したという事がありました。
 逆に言えば,そんな事も出来てしまうので,ハンコは”意味なし”という事かもしれません。

 しかしハンコ議連という団体が国会の中にできてしまうというのも解せません。ハンコにどんな利権があるのでしょうか?

| | コメント (0)

2020/06/27

河野防衛大臣の見事な決断

Easis-ashore イージスアショアの配備について,河野大臣は突然「ブースターが自衛隊用地以外にも落下する恐れがあるため」として配備を中止する決定を行い,内外に衝撃を与えています。
 この理由は,実は隠れ蓑であり,本当のところ「防衛省によるロッキード社の視察により,ロッキード社のレーダーには射撃管制能力がなことが分かった」ために配備を中止したことを文春砲が記事にしました
 以下はあるミリオタ氏からの受け売りです。
 イージスシステムの中核の一つレイセオン社製アクティブフェーズドアレイ統合型対空・対ミサイル3次元レーダーAN/SPYー6という最新鋭レーダーがアメリカミサイル防衛局の反対で日本に供されず,データ処理がそれより格段に劣るロッキードマーチン社製SPYー7を採用せざるを得ないことが分かったという事があるらしいですね。SPYー7はまだ実物が存在しない上に,将来にわたってアメリカ軍が導入する可能性が全くない為に,事実上日本版イージスアショア専用ということになり,既に米軍で運用中のSPY−6に対し,一からSM3ブロック2Aという日米共同開発のミサイル用にシステムを独自に構築しなければならないそうです。
 理由は他の事にすり替えているわけですが,最新の対空・ミサイル防衛システムに関するソフトウエアの供与を拒否したアメリカに反発してイージスアショアの配備を中止したことは,河野防衛大臣の見事な決断だったというべきでしょう。
 ”ここら辺の話”も,参考になります。

| | コメント (0)

2020/06/18

北朝鮮が蠢き出す

Nkorea 北朝鮮は,6月16日,南西部の開城(ケソン)にある韓国との共同連絡事務所を爆破したのに続き,朝鮮人民軍が,韓国と経済協力事業を行っていた北朝鮮南東部の観光地区などに部隊を展開させると明らかにしたうえ,今後,南北の軍事境界線の近くでさまざまな軍事訓練を再開すると表明しました。
 この新型コロナ流行中の時期に,まためんどくさい事を北朝鮮がやり出したわけですが,今回の行動の中心人物が金正恩氏ではなく,妹の金与正氏であることが注目されています。メッセージは,北朝鮮政府内に作る部署があって,そこで作っているわけですからどんなメッセージを発しようが本人が言っているわけではないのですが,与正氏の名前で発表しているわけです。今回の行動の直接の原因は,脱北者が行った風船につけたメッセージを韓国政府が取り締まらなかった事ですが,これまで何回も行っている事で,今回だけ問題にするのもおかしなものです。
 すべてが,金与正氏をNo.2にする演出ではないのかと思わせる行動ですね。ひょっとして,噂されているように,金正恩氏に本当に何かあったのか?とも思わせます。
 いずれにしろ,韓国文在寅政権が舐められているのは確かですね。一触即発では,北朝鮮もこんな事はできない。韓国は大した事はやらないと思っているから(意識して,というかまるで演劇を演じているかのように)攻撃的になっている。
 やはり「金与正氏をデビューさせる」というのが,その動機として一番ぴったりきますね。その背景は,新型コロナ時代に金正恩氏に何かあった場合に後継者としてすんなり政権移譲ができるように与正氏の権力を固めるための行動なのか,それともすでに正恩氏に何かあったのか。

 今回の事をうけて,韓国政府は特使を派遣する事を決めましたが,北朝鮮はそれを拒否しています。韓国統一相は辞任しました。
 金正恩氏に何かあったのならば,特使に会うこともできず,きてもらっても困るだろう。韓国はそれを知りながら嫌がらせしているのか?

| | コメント (0)

2020/06/12

黒人差別

Sabetu 黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官による暴行で死亡したことに抗議するデモは,全米800都市どころか世界中に広がり,未だ沈静化していません。
 アメリカの黒人差別については,黒人差別の歴史のような黒人側の研究とは別に,差別する白人側の研究もなされるべきと思います。差別を行う人の特性,差別を行う人の思考,差別を行う人の志向など・・・。
 差別する白人がいるから黒人差別が起こる。黒人は受動的に差別されるのであり,能動的に差別するのは白人の方。それだから,「何故?」という白人側の研究が必要です。

 差別はヘイトを含めて日本でも行われているわけですがね。
 人種差別が無ければ国籍差別,地域差別,職業差別などが行われる。人間というのは因果なものですね。

| | コメント (0)

2020/06/06

米株価も急騰中

Stock 先日,ビットコインの対既存通貨価格が高くなっているという話を書きましたが,アメリカの株価も歴史的な急騰をおこしているようです。
 アメリカでは,ご存知のように新型コロナウイルスの蔓延で経済にブレーキがかかっており,また警察官が起こした黒人に対する死亡事件でデモが全米に広がっている事もあり,株価が高騰する材料がありません。それなのにこの急騰。一説には「現在は,人が意思決定をして株の売買をするのではなく,トレーディングシステムが株の売買を自動的に行う比率が大きく,なぜこんな売買をするのか,人にはわからなくなっている。」とか,「市場に溢れたマネーが、財やサービスに向かわずに投資商品に流れている。従来であれば,金余りが起きれば財やサービスの価格が上がるインフレになったが,世界規模での生産力の飛躍的増大で財やサービスは常に余り気味の状態になっていて,その行き場として投資商品が買われている。」と言われている様です。
 「デモもコロナもまるで無視、米株の歴史的急騰に投資家困惑」という記事も現れています

| | コメント (0)

2020/05/24

封鎖なしのスウェーデン,集団免疫には程遠い状況で,首都の抗体率7.3%

Sweden 「封鎖なしのスウェーデン、「集団免疫」には程遠い状況 首都の抗体率7.3%」という記事を読みました。少なくとも,国民の60%以上の感染と抗体生成がなければ,集団免疫を獲得できないというのが通説ですが,スウェーデンはまだとてもそこまでの感染者はいないというわけです。
 日常生活の制限はごく軽微な水準におさえてむしろ感染を図るというスウェーデンの集団免疫政策に対しては,国の内外から批判もありました。しかし記事によると,当局は「集団免疫の獲得を目標にしているわけではない」といっているようですが,じゃあ何を目的にしていたのか不明です。
 まあ,一つの実験ではありますね。
 「抗体ができても,どのくらい免疫効果が持続するのかわからないじゃないか」とか,「そもそも抗体ができれば新型コロナにかからないとは確認されていないじゃないか」とか,「60%の国民が感染したとして,各国の死亡率からいって数万人の死亡者がでるじゃないか」とか,突っ込みどころは色々あります。
 しかし「死亡するのは,手厚い社会保障を享受する老人で,社会保障を支える若者は死亡しない」とか,「医療保険を享受して社会的にも金のかかる基礎疾患のある人が死亡して,健康な人は死亡しない」とか,「貧しい移民が死亡して,富裕な人は死亡しない」とか,「社会的に有益な人はあまり死亡しないのだ」という考えかもしれません。
 世直しコロナ,現代のノアの方舟。恐ろしい考え方ではあります。

 徹底的に検査を行なって徹底的に陽性者を隔離して社会に出さないようにしてコロナの感染を防ぎ,新型コロナ感染を収束させた韓国や中国やドイツとは真逆のやり方と言えるかもしれない。自然に任せ,陽性者を社会に放ち,集団感染に持っていく。社会の中を陽性者で満たして,免疫力のあるものを残し,免疫強者の中でコロナの流行を終息させる。
 成功すれば,流行の第二波,第三波の心配はない。韓国・中国・ドイツでは第二波流行が起きている。陽性者を徹底的に隔離し,社会から切り離し,いわば社会の純血を保ったばかりに・・・。
 うーむ,やっぱり恐ろしい考え方だと思います。

| | コメント (0)

2020/05/22

22日の東京都の新規感染者発見数は11人

Colonavirus 6月21日木曜日の東京都の感染者数は11人。19日,20日は共に5人でした。その2倍以上の感染者発見数になったわけですが,直近1週間で59人となり,緊急事態解除基準として示された「10万人あたり0.5人程度以下」は一週間の新規感染者発見数累計が70人程度なので,それはクリアしたことになります。
しかし神奈川県が10以上の病院でクラスター感染が起こっていて,14~20日の1週間で県内の新規感染者数は99人。人口10万人当たりだと1.08人となってクリアされません。21日には,東京都を上回る13人の新規感染者が発見されました。したがって,一蓮托生の東京都も解除できない状況となっています。
 東京都にしても,前述のように昨日,一昨日に対して22日の感染者発見数が2倍以上となっているのが不気味です。今後の感染者発見数の推移はどうなるのかわからないですね。このまま減るのかもしえないが,増えるのかもしれない。
 何しろ,ゴールデンウィーク明けの6日からの街中の混雑は日を増してひどくなっており,車の渋滞も広がっています。リモートワークはやめて通勤も始まっているらしい。電車やバスの混雑も始まりました。それから2週間経ったのが20日。21日に11人と,久しぶりに2桁の感染者発見数になったのも象徴的な出来事なのかもしれません。6日以降感染した人が発見され出しているという事です。
 まあ,ワクチンと特効薬ができるまでは,何のかんの言っても,新型コロナは普通の感染症にはなりません。
 そもそも,西欧に対してなぜ日本では死者が少なく推移しているのか理論的に説明できないのでは,新型コロナは「謎のウイルス」のままです。

| | コメント (0)

2020/05/13

シンガポールでの感染者が2万人を超える

Singapole-kansensha-graph 新型コロナウイルス感染の優等生だったはずのシンガポールで,5月6日には感染者が2万人を超え,感染拡大が続いているとの事。4月22日の1万人越えから2週間で2倍に増えたといいます。しかしこのほとんどは外国人労働者の感染です。劣悪で三密な環境に住んでいる外国人の建設労働者の間で感染が爆発しているのです。
 シンガポールの環境では,一般市民は外国人労働者の住む地域にはまず入ることはないそうで,実際シンガポール市民の新たな感染発見数は,1日に1桁台を維持しています。
 シンガポールには,ある意味二つの世界が存在しているわけで,その一つで感染が増えている状況です。しかし日本の様にその様な世界の分離が行われない地域で同じ事が起きたら,おそらく全体で感染が爆発していく事でしょう。
 ニューヨークは,そんな貧民街の感染拡大が全体の感染拡大に広がっている例だと思われます。シンガポールでは,感染が広がった建設労働者と一般市民と接点が少ないために,市民に感染が広がるのが妨げられているわけですが,一般的にはそうはいきません。ニューヨークは,貧しい一般市民の間に感染が広がり,そんな貧しい階層の人々がそうでない市民の中に混じり,それが全体に感染を広げているのです。
 以前もどこかで書いた事がありますが,貧しさの撲滅は,富裕層のためでもあることを示していると思います。世界の多くの国では,シンガポールの様に,貧困層(外国人建設労働者)を一般市民と隔離しておくわけにはいかないのですから。

 左上のグラフは,日経新聞電子版より拝借したものですが,シンガポール全体の感染者数と寮に住む外国人建設労働者のカーブの狭い間隔が,一般市民の感染者数を示し,二つのカーブはほとんど平行していて,一般市民の感染者発見数はほとんど増えていないことを示しています。しかしよく見ると,4月下旬から現在にかけて少しづつ間隔が開いている様にも見え,一般市民の間でも感染者数が増えているのではないかと思われます。いくら地域が隔離しているとは言っても,やはり感染者は一般市民の間にじわじわと広がってきているのではないかと思われます。

| | コメント (0)

2020/04/08

新型コロナウイルス感染,動物園の虎やライオンにも

Tiger 米ニューヨーク市のブロンクス動物園は,4歳メスのマレートラ「ナディア」に新型コロナウイルスの陽性反応が出たと発表しました。他のトラやライオン5頭にも呼吸器系の症状発症があるとのことです。
 感染が,大型のネコ類に限るのかどうかわかりません。人からネコ様への感染が心配されます。
 さらに,ネコ様から人へ感染するかどうか不明ですが,可能性はあるでしょう
 ネコ→人感染を考えなければならないとなると,新型ウイルス感染の感染経路探索は非常に複雑になりますね。ことによったら,増えてきている感染経路不明の感染者は,ペットから感染した可能性も考えなければならないわけで,ペットのPCR検査が必要になるのかもしれません。ペット同士の感染も考えると,気が遠くなります。

| | コメント (0)

2020/03/21

ジャカルタで非常事態宣言

Colonavirus 新型コロナウイルスの感染拡大により,3月20日,インドネシアのジャカルタで非常事態が宣言された。期間は同日から2週間で,状況により延長するとのこと。23日からナイトクラブやバー,映画館などの娯楽施設が閉鎖されるほか,公共バスや都市高速鉄道(MRT)の運行時間や乗客数も制限,企業には従業員に自宅勤務させるよう求めている。
 20日のインドネシア国内の感染者数は369人,死者は27人で,ジャカルタでの感染者はそのうち215人とのこと。現在のところ,検査の状況によってあまり比較できない感染者数は日本の1/3ていど,死亡者はどっこいどっこいですが,今後国内で60万~70万人に感染のリスクがあると試算しているのが恐ろしいところです。つまり,日本も同程度の感染リスクがあるという事ではないでしょうか。
 大阪府が3月20日に,厚生労働省が府と兵庫県に示した緊急対策案の文書を公開して,3月28日から4月3日までの間に,両府県の患者数が3374人、うち重篤者は227人に達するとの試算を発表しましたが,おそらく同様の試算ではないでしょうか。
 WHOは,パンデミックの中心は欧州だと言っていますが,アジアもまだまだ侮れないですよ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧