2024/05/11

自動車業界を揺るがす大衝撃??

Electric-vehicle_20230422221201 「iPhoneより安くて速いスマホの中国企業が、テスラより安くて速いEVを発売」という記事がありました。中国シャオミ(小米)のEV発売の記事です。
 全固体電池の背中が見えてきている今,従来型のリチウムイオン電池を使ったEVを新発売してどうするの?という感じがします。テスラは既に従来型のEVを投げ売りしているし,BYDも業績が悪化している。航続距離700kmを誇っているが,トヨタの全固体電池車は,10分でフル充電,航続距離1200kmとアナウンスされている。
 従来型EVは,これから急速に販売不振,投げ売り状態となり,従来型EV車メーカーは急速に業績が悪化する事が予想されます。そんな時期にEVに参入?

 まあ,全固体電池の性能が10分でフル充電可能,航続距離1200kmと言っても,それだけの電気を供給する充電器はできるのだろうか。テスラの充電器でさえ250kWですが,10分で1200kmを走るほどの電気を供給するチャージャーは,桁違いの容量が必要だと思います。
 まともに全固体電池車にバッテリーチャージャーが対応するためには,テスラが一生懸命設置してきたチャージャーは全部ゴミになるのか?
 そういえば,テスラは最近,チャージャー部門をほぼ閉鎖してしまったですね。

 最近,何だか似たようなテーマで記事を書いているような気がします www。

| | コメント (0)

2024/05/10

5大商社

Shosha 大手商社5社の純利益の記事がありました
 これを見ると,2024年3月期の純利益は,第三位の伊藤忠商事が8017億円,第四位の丸紅が4714億円で,三位と四位の間にかなり差があるのですね。5大商社といいますが,むしろ三大商社というひとくくりが感じられます。

| | コメント (0)

2024/05/02

既存電池を使ったEVの投げ売り続く?

Electric-vehicle_20221214151001 「中国BYD、売上高が予想に及ばずー積極的なEV値下げが利益圧迫」という記事がありました。テスラ越えという中国BYDも,台数は伸びているが値下げで利益を圧迫しているという記事です。
 次世代の電池,全個体電池がすでに完成したと言っているメーカーもあり,それが本当なら,今のリチウムイオン電池を使っているEVは旧型となって売れなくなり,ますます商品はだぶつき,ますます安くなり,今,昔の電池でEVに注力しているメーカーの業績はますます悪化するだろう。
 EVの完成形でない商品に入れ込んだメーカーは,その付けが回ってくる時期が始まります。完成形でないEVに入れ込まず,マスコミから「遅れている」と言われていた日本の車メーカーが,笑う時期が始まるのかな?

| | コメント (0)

2024/04/21

半減期

Bitcoin-24214 ビットコインの半減期が4月終わりごろやってきます。一説によれば4月20日ごろといううわさがあり,もう来ているのかもしれません(半減期はほぼ4年に一度やってくるのですが,取引状況によって変わるので,はっきりいつという事はできません)。半減期はマイニングの報酬が半分になる日です。
 それに伴って「ビットコインの半減期が到来、対応を迫られる採掘事業者たち」という記事がありました
 しかし業者が大変って,業者はビットコインの仕組みを分かり切ってやっているのだろう。それなりに折り込み済みでしょうね。

| | コメント (0)

2024/04/20

フランス料理強化作戦

French-kooking フランス料理がかつてのような世界的地位を失いつつあることに危機感を覚えたマクロン政権は、来たるパリ五輪に向けて自国料理の復権を図ろうと、フランス高級料理国家戦略を発表したというニュースがありました
 フランス料理も日本料理も,世界遺産ですね。ユネスコ無形文化遺産。

 でも,世界で流行している日本料理は,寿司とか刺身とかすき焼きとか天ぷらとかラーメンとか,単品料理のように思います。日本料理も "先付け" からはじまり,"吸い物,向付け,焼き物,煮物,揚げ物,蒸し物,酢の物,ご飯・香の物,止め椀,水菓子" というコースがあるわけですが,なかなかそれが一式世界に広まるとは思えません。フランス料理も,単品料理をがんばったらどうですかね。それでは,ビストロ料理になってしまうのかな?

| | コメント (0)

2024/04/16

中国では,キャッシュレスが発達しすぎて,観光客は超不便

Chinese-yen 「観光地は現金受け付けを=キャッシュレス普及で使えず―中国」という記事がありました。中国ではキャッシュレスが発達しすぎて,しかしVISAやMasterといった世界的なクレジットカードは使えず,中国国内サービスしか使えないため,観光客が不便を強いられるという事態になっているという記事です。しかも,現金が通用しない店が多く,中国政府は国内の主要観光地に対し,現金での支払いを受け付けるよう求める通知を出したものの,実態は未だに現金が使えない状態が続いているとの事です。
 海外からの観光客にとっては困ったものですが,偽札が多い中国で現金を受けとるのはリスクになるらしく,現金以外の決済手段がある限り,現金が使えないという事態は改善しないでしょう。
 開発中のデジタル元ができれば,それは使えるようになるのでしょうか?

| | コメント (0)

2024/04/10

イギリスの最低時給の記事

Bk-wapper イギリスの最低時給が高くなりすぎという記事がありました。イギリスでは,最低時給が2,000円になってしまい,「賃金上がりすぎ」だという記事です。
 この記事は,為替マジックを効かせた記事ですね www。
 イギリス在住の知人によると,イギリスで1ポンドで買えるものは,日本で100円で買えるとの事です。つまり,物価的には,1ポンド=100円という感覚です。
 実際,昨年9月にイギリスに行った時,ロンドンパディントン駅構内のバーガーキングで食べたワッパーが5.99ポンド,日本のバーガーキングでワッパーを食べれば590円ですから,1ポンド=100円という感覚はその通りです。
 日本で100円の物はイギリスでは1ポンドで買えます。
 一方,為替的には,1ポンドは現在195円程度です。昨年当時でも,後でクレジットカード会社から来たイギリスでのワッパー1個の請求は,1331円でした。為替的には当時は1ポンド=222円程度だったわけです。
 ですから,1ポンド=100円の感覚で言えば,"最低時給2000円越え" と言っても,実際の感覚では記事中の最低時給11.44ポンドは,1144円という事です。現在東京都の最低時給は1113円です。イギリスで最低時給で買えるものは,東京でもほぼ最低時給で買えるわけです。
 物価を考えれば,イギリスでも「賃金が上がりすぎ」という感覚は持っていないと思います。イギリスの最低時給は,東京都と同じくらいですよ。

(写真は,バーガーキングのワッパー。バーガーキングのホームページより。)

| | コメント (0)

2024/04/06

アメリカ東部でも地震

Earthquake 台湾で大きな地震がありましたが,4月5日に,アメリカ東部でも地震がありました。震源地はニュージャージー州で,マグニチュードは4.8,ニューヨーク市を含む東部から北東部にかけて揺れが観測されたとの事です。
 幸いにして,大きな被害は報告されていませんが,この地域で起こった地震としては,過去140年で最大だとの事で,テレビなどでも速報され,大きなニュースになったようです。
 普段あまり地震のない地域で起こった地震であり,異常気象とは関係ないでしょうが,いろいろ異常なことが起こりますね。

| | コメント (0)

2024/03/27

フィスカ―の生産停止

Fiscar 新興のEVメーカー,フィスカ―が生産停止となるようです。
 EVの販売不振が世界的に言われていますが,フィスカ―の車は,かっこはいいが車として完成したものではないという評判の様で,それならばEVの不振の前に,売れないのも当然という事でしょう。

| | コメント (0)

2024/03/19

「今、世界の「EVシフト」に異変が起きている」という記事がありました

Car-231027 「今、世界の「EVシフト」に異変が起きている」という記事がありました。昨今のEV事情,つまりEVが世界的に売れなくなってきている事,次に買う車として,EVではなくHVやPHVを選ぶ人が増えている事を図解している記事です。
 記事には次世代の電池への言及がないのですが,すべては次世代の電池の登場待ちという事だと思いますよ。
 今,期待ほどEVが便利ではない事,つまり,航続距離,重量,充電時間,高価格などの点での不満。それをクリアするには電池性能の向上,さしあたり全個体電池の実用化で,だいぶEVが従来のガソリン車に近づきます。アーリーマジョリティーは,次世代の電池の実用化でEVを受け入れることになるでしょう。

 今のリチウムイオン電池の性能では,EVが便利に使えるのは,"深夜に自宅で充電し,その航続距離以内で往って帰ってくる程度の距離しか走らない" という使い方しかしない場合で,それならテスラのような高価なプレミアムカーは必要ないし,BYDの200万円程度の車で十分。テスラは正直に言って,アーリーアダプター専用車で,最近BYDが売れているのはそんなところにあるのでしょう。
 トヨタをはじめとする他の自動車メーカーのEVが盛り上がってくるのは,今のガソリン車に近い使い方ができる次世代電池が実用化された時でしょう。それまでは,深夜自宅充電で翌日一日使える程度の距離を走るという使い方をして,それならばBYDでいいでしょう。ガソリン車は,新車で購入され,中古車として販売され,さらに海外で中古車として販売され,うっかりすると4~50年くらい使えるのに対して,EVは寿命だって短いのだし,それならば200万円程度で買えるべきです。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧