2020/09/17

シンガポールの卒業大学によるビザ厳格化

 シンガポールが自国民の雇用を確保するため,外国人のビザ取得要件を厳しくしているという記事を読みました。駐在員が取得する専門職向けビザ(EP)をとる場合,シンガポールでは国籍や年齢,学歴などに応じて,細かく必要な月給水準を定めているとの事で,シンガポール政府は同国人を優遇する為,その月給基準を今まで以上に厳格化するという記事でした。
 出身大学により,第一区分,第二区分,第三区分と別れ,これまで日本の大学では60校以上が第一区分に入っていたのが,これからは東大,京大,東工大だけになり,東北大,大阪大,名古屋大,早慶などの大学は,第二区分以下に降格となるとの事です。これによって,日本からシンガポールへ赴任する事が難しくなり,日本企業に影響が出そうです。
 シンガポールが,出身大学によってビザ取得の月給額に差を設けていたという話は,知りませんでした。
 出身大学によって,はっきり社会の待遇に差が出てくるこんな顕著な例があるとは,思ってもみませんでした。
 日本では,暗黙的な出身大学差別はあったり,口の端に上るとか,結婚時に考慮対象になるとか,就職時の暗黙の大学制限とか,プライベートではあるものの,大上段に振りかぶって明文化された「公式に出身大学で区別しているよ」という事はなかなか見当たりません。まあ,分かりやすい,潔いといえば言えます。
 世の中,いろいろな事があるものですね。

| | コメント (0)

2020/09/10

10年前の中国漁船衝突事件で,船長が釈放されたわけ

Ship 2010年9月,尖閣諸島沖で起こった中国漁船衝突事件。捕らえられた船長が釈放されたのは,当時の菅直人首相が「かなり強い口調で『釈放しろ』と言ったからと,当時の外務大臣だった前原誠司氏が明かしました。同年11月に横浜市で行われるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に,当時の胡錦濤国家主席が来なくなるのを恐れたためとの事です。
 検察への圧力というのは,民主党政権でも行われたという事ですね。

| | コメント (0)

2020/08/31

安倍首相,持病のため辞任

Primeminister 安倍首相の辞任。驚きはしませんでしたね。8月24日に,2週連続慶応病院入というニュースが出て,それに対して「1週間前に予定されていた通院なら,1週間前に発表しておけばいい話。予定されていなかったのなら,何か問題が発見されたのかと勘繰られても仕方ない。」と考えたこともあり,「やったり辞任する事になりましたか。」という事でした。
 とにかくご苦労様でした。
 海外メディアが辞任会見を生中継したり,各国首脳や国連事務局長がコメントを出したり,思ったより海外からも評価されていた首相だったのだと思いました。トランプ氏がどうなるかわからないですが,首相を辞めても,トランプ氏とのパイプは維持してください。

 次期首相については,来年9月までのリリーフか,その後のことも考えるのかという事で人選が変わってくるでしょう。来年9月までのリリーフとして菅官房長官が安倍内閣を継承,来年9月に再度総裁選をやって,私としては河野氏にバトンタッチというのを望みます。
 もちろん,安倍氏が元気なうちにここで解散総選挙,来年9月をまたぐリーダーを決めてしまうという事も考えられます。その時は,河野氏をというのは難しいでしょうね。河野氏を首相にするには,助走期間が必要です。しかしまあ,このコロナ流行中に,解散総選挙などできないでしょうね。今回の総裁選びは,来年9月までのリリーフ選びにならざるを得ないでしょう。

| | コメント (0)

2020/08/23

日本近海にレアメタル

Metal 8月21日,石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)は,南鳥島南方沖の日本の排他的経済水域の海底約900メートルから,コバルトやニッケルを含む鉱物の採掘に成功したと発表しました。JOGMECの調査では,この海域には,年間の国内消費量でコバルトは約88年分、ニッケルは約12年分あるとの事です。
 これらの希少金属は,電気自動車などのリチウムイオン電池に使用されるものです。しかし,かなり遠方,しかも深海から採取されるとの事で,経済性については技術開発が必要になるでしょう。
 レアメタルというと,中国の影がちらつくのですが,ニッケルはロシアやフィリピン,コバルトはコンゴから主に輸入されており,中国への依存度は10〜20%程度だそうです。

| | コメント (0)

2020/08/18

現金を触りたくない

Emoney 新型コロナウイルスの時代,現金をなるべく触りたくないという事から,キャッシュレスが進行するという効果がある様です。ネット上に「やっぱり現金に触りたくない?新型コロナの影響で3割の人がキャッシュレス決済が増えた」という記事がありました
 私はといえば,新型コロナ流行以来,現金はほぼ使わなくなりましたね。
 現金が基本のサイゼリヤも,イトーヨーカ堂に入っているキャッシュレス対応店のみを使っています。とんかつのかつやも,たまにキャッシュレス・レスの店がありますが,そういうところは避けています。百金もダイソーはほとんどの店でペイペイが使えるし,キャッシュレスだけでも生活できるようになってきました。

 キャッシュレスポイント還元の終了と共にキャッシュレス利用が減ったといわれていますが,周囲の知人達を調査した結果(笑),ポイント還元期間に華々しくキャッシュレスと名の付くもすべてに手を出し,還元が終わって結局使える1~2個を残して他は使用を止めてしまったという事が多いらしく,キャッシュレスが使われなくなったという事とは少し違う様です。まあ,キャッシュレスバブルが終わって,いらないキャッシュレスを整理したという事かと。キャッシュレスをやめて現金使用に戻ったというわけではありません。

| | コメント (0)

2020/08/09

新型コロナが原因での倒産は400件に

Bankrupt_20200805170001 新型コロナ由来の倒産は,8月3日までに406件に上ったという報道がありました。民間会社の調査とのことです。
 普通,1ヶ月の倒産件数は700〜800件あると思いますが,新型コロナが原因で400件という数字は大きいのでしょうか。倒産企業のほとんどは,コロナ以前から具合は悪く,新型コロナが背中を押して倒産したという状態だと思います。
 しかし,5月なかばには新型コロナ関連の倒産が150件程だったという話もあり,そこから250件増えたということになり,増加傾向なのは由々しい事態かもしれません。
 飲食業,観光業,交通業など,新型コロナの時代に入って縮小傾向にある業種もあれば,新型コロナ需要で史上最高益を記録したNECのような企業もあります。
 不動産業は,一時的かもしれませんが,引越し需要が高まっており,仕事が忙しくなっている様です。新型コロナが蔓延して,暮しが何かと不便になった都心から郊外へ引っ越す人が増えているらしいのです。不動産業の知人によると,仕事がリモートワーク中心となり,仕事場に近い都心に家を構える必要がなくなった事,共稼ぎである夫婦両方がリモートワークの部屋を確保するために,部屋数の少ない都心のマンションから部屋数の多い郊外の家へ引っ越すケースもあるとのこと。
 近所のケーキ屋さんは,コロナ前よりお客さんは増えたと言っています。ケーキ屋さんは,都心のデパートの店の需要が減り,郊外の近所の商店街の地元のケーキ屋さんが繁盛するという現象が起きている様です。つまり,同じ業種でも,場所によって繁盛する店とそうでない店が出ているということです。このケーキ屋さんの様な例を考えると,ひょっとして居酒屋の様な飲食店も,都心ではお客が少なくなり,郊外の住宅地の商店街では伸びているという状況にあるのかもしれません。
 新型コロナにより,倒産する企業だけではありません。業種により,場所により,経済が回る構造が変化しているという事でしょう。繁盛店が繁盛しなくなり,それほどでもなかった店が繁盛する様になる・・・。昨今の気候変動の様に,これまで災害のなかったところが多雨になり,災害地になり,これまで人が住めなかった寒冷地が人が住める様になる様な変革が,経済の上でも起こっているという事ですね。

| | コメント (0)

2020/07/21

在韓米軍削減か?

Military アメリカのトランプ大統領は,韓国との米軍駐留経費に関する協議が難航し,在韓米軍の削減検討に言及したそうです。トランプ大統領は,ドイツの駐留米軍についても似たような経費問題から削減を示唆しており,次は日本になるのではないかと噂されています。
 まあ,これで在韓米軍が削減されれば,北朝鮮との防衛線は,38度線から日本海に移る事になるのでしょうか?

| | コメント (0)

2020/07/14

日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定

Siliconvalley 「日本版シリコンバレーへ 政府が東京・横浜など4都市圏を選定」という記事を読みました。まあ,記事の内容はタイトルで想像できるでしょう。

 しかし,「はるか昔のシリコンバレーモデルが,今更役に立つのかどうかわからない」という感想を持ちました。

 先日,読んだ記事で,中小から大企業まで,大きなオフィスから小さなオフィスに移転がはじまり,その背景には,リモートワークの拡大があるという話がありました。記事の中には,渋谷内で大きなオフィスから小さなオフィスに最近移転したベンチャー企業のエンジニアの一人は,居住は海外で,リモートワークで仕事しているという話がありました。
 ”本拠地をここに置きなさい”と提示して,そこに小さな本拠地が置かれて,その小さなオフィス同士が地縁的につながって,大きなシステム的に有効にはたらくようになるのかどうか。”現場”はあくまで分散しているのに・・・。それに,地縁的なつながりは,会って話して・・・ということになるのでしょうが,この新型コロナ時代,そんなつながり方は全く流行りませんよ。

 まあ,やってみないとわからないとは言えますが,もう何十年も前のモデルを今大々的にやってみても・・・ねえ。

| | コメント (0)

2020/07/13

「どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ」という記事の残念

Tour 「どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ」という記事を読みました
 政府が旅行代金の50%分を支援して,各地への旅行を促すという「Go Toキャンペーン」を7月22日から始めるという発表に対して,東京都の小池知事が「都民に対して,都外への移動について配慮するよう」呼びかけている事と整合性が取れないということを批判した記事です。しかも,8月上旬からの予定だったキャンペーン開始を前倒しして実施することにしていると記事は批判しています。
 しかし,東京,少なくとも首都圏以外に住んでいる人は,旅行してもいいのではないですか?なぜそんなに,全国一律に考えるかなあ。
 ここは,首都圏以外の人々によって,旅行産業を支えてもらってもいいじゃないですか。
 この記事のなんと東京目線である事か。もうどうしようもない東京からの目線しか持っていない。
 「東京の人は都外移動してくれるな,その他の地域の人はどうぞ東京以外へ旅行に行ってください。」でいいじゃないですか。なにが「ちぐはぐ」なのでしょうね?
 もうすこし,頭の中を柔らかくしてくださいね。頭の中のコンクリートが固まりかけていますよ。

 記事中の,旅行関係者からの「急なキャンペーンの前倒しに戸惑いの声」って何?
 早くやっておかなければ,どうせまたこのまま第2波になって,全国的に旅行なんで無理になりますよ。何を戸惑っているんでしょうね。商売する気なんかないんでしょうか? 

| | コメント (0)

2020/07/02

ハンコ制度継続を・・・自民はんこ議連

Stamp_20200627205301 もう旧聞に属するのですが,自民党の「日本の印章制度・文化を守る議員連盟」(はんこ議連)が,はんこ制度の継続を訴える要望書を,6月19日付で岸田文雄政調会長に提出したそうです。新型コロナウイルス対策として広がったリモートワークの推進をはんこが阻んでいるとの声が出ていることについて「いわれないバッシング」と反論しているとの事。
 ハンコを使わない海外企業の日本法人に勤めている知人によると,サイン文化というのは,時としてスムーズなビジネス運営を妨げるそうです。ハンコなら,出張中の上司に「机の中のハンコ,押しといていいですか?」と電話で了解を取るだけで仕事が進むところが,サインだと出張先まで追いかけてサインをもらわなければならないのだとか。
 私も何年か前,某地方の支社にハンコを預け,必要な都度それを使ってもらい,客先の前でハンコを押さなければならないときだけ(プロジェクト進行中,最後の1回だけ)現場に私が出張したという事がありました。
 逆に言えば,そんな事も出来てしまうので,ハンコは”意味なし”という事かもしれません。

 しかしハンコ議連という団体が国会の中にできてしまうというのも解せません。ハンコにどんな利権があるのでしょうか?

| | コメント (0)

より以前の記事一覧