2020/11/21

横溝正史の「三つ首塔」(ややネタバレ注意)

Mitsukubi-tou 横溝正史作品で文庫本になっているものは全て過去に読んでいるはずなので,「三つ首塔」も読んでいます。しかし記憶にあるのは,三つ首塔にたどり着いて感慨に耽る主人公たちの光景から始まる冒頭の印象のみです。この作品をもう一度読みました。
 初読当時は毎月のように次々と横溝作品の文庫本が発売され,流れ作業のようにそれらを読んでいった時代で,一作々々をじっくり読んでいくような状態ではありませんでした。今回じっくり読んでみると,やはり面白い作品でした。
 中学生の時に両親を病気で亡くした宮本音禰は,母の姉の嫁ぎ先,大学文学部長の職にある上杉誠也教授の家で令嬢としてなに不自由なくらしています。その音禰の運命が転がり出したのは,アメリカにいる遠縁の親戚が,弁護士を通じて100億円の遺産を音禰に譲りたいという連絡をしてきたことによります。遺産を譲る条件は,高頭俊作という青年と結婚する事。ある意味理不尽な条件です。
 音禰自身がこの話に乗るのかどうか迷っている時,たまたま上杉文学部長の還暦のお祝い会が開かれます。そこで遭遇する3件の殺人事件。余興のアクロバットダンサーの女性,高頭俊作を探すために上杉家に雇われた探偵,さらに,その探偵が見つけた高頭俊作自身が毒殺されたのです。その場で気を失って倒れて,別室を与えられて寝ている音禰の元に現れた高頭俊作の従兄弟,高頭五郎と名乗った青年。音禰はその青年に手籠にされてしまいます。
 やがてその高頭五郎は,弁護士側の探偵,堀井敬三と名乗って再び音禰の前に現れます。高頭俊作が殺されたため,100億円の財産は富豪の日本人の遠縁の者で分けることになり,堀井は遠縁の者を探すために雇われた探偵でした。その富豪の親戚が一堂に集まる会に,弁護士とともに堀井敬三が出席していたのです。親戚とその周りの者たちは,終戦直後の不安定な時代にあって曰くありげな人物揃い。
 やがて,その親戚とその周り者が続けて殺される事件が起こっていく・・・。
 物語は音禰の一人称で語られます(中盤で,この小説は音禰が綴った事件記録であることがわかります)が,警察サイドの等々力警部と金田一耕助のチームに疑われているのではないかという音禰の焦躁,恐れながらも関係を断てない高頭五郎に悩む音禰。結局その後,音禰は高頭五郎と共に警察サイドや殺人者からの逃避行を繰り広げることになります。
 やがて発見される三つ首塔。なぜか高頭五郎はその塔に執着している様子。音禰も実は子供の頃その塔を見た記憶がある。その地での冒険。
 この作品,横溝先生自身はあまり評価しておらず,その理由の一つは「本格推理小説ではない」というものだったようです。謎としては,連続殺人事件の犯人が最後まで隠されており,しかもフーダニットとしてサプライズエンディングといっていい結末ですが,そんな謎よりも一人称で語られる音禰をめぐるサスペンスが半端ではなく,高頭五郎は音禰の敵なのか味方なのか,いいやつなのか悪いやつなのかを含めて,そんなサスペンスの方が気になって,本格推理小説として読めません。
 最後,探偵が関係者を集めて「さて・・・」というのが本格推理小説だとすれば,この作品では三つ首塔の古井戸に落とされて絶体絶命の音禰と五郎,それを助けるのは音禰が敵として恐れていた金田一耕助。その時の金田一耕助のカッコ良さは,横溝先生の本格推理小説作品では味わえません。
 横溝先生としては,雑誌連載の終了の都合で最後が十分に書き込めず,それも不満の元になっているらしいのですが,最後に付け加えられた「大団円」の章でもわかる通り,ハッピーエンドで終わります。最初に音禰が五郎に手籠にされた件を含めて,ハッピーエンドとなります。
 ややエロチックな部分があり,初読の頃の高校生としては "ちょっと・・・” というところがあったのですが,今となっては大したことはありません。実に面白いミステリーでした。

| | コメント (0)

2020/11/15

ジョン・ディクスン・カーの「白い修道院の殺人」

White-priory あまりにも有名な雪の密室もの推理小説。私はグーテンベルグ21出版による電子書籍版でよんだので「白い修道院の殺人」ですが,創元推理文庫版では「白い僧院の殺人」という事になります(創元版の電子書籍はなし)。
 ヘンリ・メリヴェール卿の甥であるベネットは,招待されて訪れたイギリスの「ホワイトプライオリー(白い修道院)」という館で,そこに滞在していたハリウッドの大女優の撲殺死体に遭遇します。雪の積もった中,ホワイトプライオリーの別館で撲殺されていたもので,別館の周りは発見者であるホワイトプライオリー当主の弟,ジョン・ボーン氏以外の足跡はついていませんでした。女優は3時間前に殺害されたものであり,ジョン氏の足跡は新しく,ボーン氏が犯人である可能性はありませんでした。つまり,殺害が行われた3時間前の犯人の足跡は,雪がずっとやんでいたにも関わらず,別館の周りには付いていなかったのです。もちろん別館の中にも犯人はいない・・・。
 この有名な白い密室の状況に対して,順次3つの解決が登場人物たちによって提示されます。最後の3つ目の解決は,お馴染みのマスターズ警視とベネットによってホワイトプライオリーに呼び寄せられたヘンリ・メリヴェール卿によるものでした。前二つの解決が何気にミスディレクションになって,第三の真相がHM卿によって提示されると,読者としては「そんな方法があったのか」と膝を打つ事になります。
 周到に計算された傑作の誉高い推理小説で,読者の快い”やられた”感は,とても素晴らしいものでした。しかし「雪による足跡密室」というあまりにも有名なシチュエーションなので,真相を明かされた後で,トリックの既視感に襲われるのは致し方ないでしょう。

| | コメント (0)

2020/11/08

Siriに電子書籍を朗読してもらうのは,まだまだ・・・

Siri-reading-kindle 電子書籍(Kindle)で読んでいる本を,誰かに読み上げて欲しいと思っていました。寝ながら本を読むのもオツなものですが,寝ながら朗読を聞くのもいいかなと思ったのです。
  しかし私のKindle端末(Paper White)は一切音声を発する事ができません。それで諦めていたのですが,スマホにKindleアプリが入っており,それを読み上げアプリで読み上げて貰えばいいじゃないかと気付きました。
 私のiPhoneの読み上げソフトというと,デフォルトで入っているSiriということになります。それで,Kindleアプリで読みかけの本を出し,Siriで読ませてみました。あらかじめ,設定アプリのアクセッシビリティーから,読み上げを設定します。
 確かにSiriはKindeの電子書籍をを読んでくれます。しかし,かなりなまっていて,自然な感じとは言えません。NHKの「100分で名著」の中では,著名な俳優たちが朗読していますが,そこまで行かなくとももう少し自然に読んで欲しいものです。
 10年も前にパソコンで使っていた東芝製の読み上げソフトは,かなり自然な発音でした。この時は,1人でテキストを推敲するのに使っていたのですが,非常に役に立ちました。残念ながらSiriは,まだそこまでいっていません。

| | コメント (0)

2020/10/21

ジョン・ディクスン・カーの「帽子蒐集狂事件」

Mad-hutter-mystery 不可能犯罪を書かせたら随一のジョン・ディクスン・カーの「帽子蒐集狂事件」を読みました。いまからウン十年前,高校生の頃,創元推理文庫で読んだ作品です。
 この作品,電子書籍を入手するのに苦労しました。Kindleで書名検索しても出てきません。著者名で検索しても出てきません。書名で検索すれば,創元推理文庫の紙の本はヒットしますが,電子書籍はありません。しかし知人は,確かに電子書籍で読んだと言っていました。どういう事?,というわけで,知人のKindleを見せてもらって,書名は「収集狂」ではなく「蒐集狂」であり,著者名は「ディクソン・カー」ではなく「ディクスン・カー」である事を知りました。私は「収集狂」「ディクソン・カー」で検索していたのです。ちなみに,創元推理文庫の紙の本は「収集狂」だったために,私の検索でヒットしたのですね。
 さてその内容,何しろ高校生時代に読んだ本ですから,今ではすっかり忘れています。しかし高校生の時の感想として,面白い作品揃いのカーの推理小説の中にあって,あまり面白くなかったという記憶だけが残っています。カーの代表作ともいわれている作品で,しかも江戸川乱歩が「カー問答」(乱歩の評論集「続・幻影城」に収録されている有名なカー作品の評価)で絶賛しているので,そんなはずはないという思いが常にしていました。最近,電子書籍で「続・幻影城」を読んだのと,知人から最近電子書籍版で読んだという話を聞いたので,どうしても読みたくなったのです。というわけで,グーテンベルク21という出版社の宇野利泰訳電子書籍版を読みました。
 ロンドンで帽子の連続盗難事件が発生し,盗まれた帽子がロンドン市街の外灯の上に被せてあったり,トラファルガー広場のライオン像にかぶせてあったりという奇妙な事件が起こった。それだけでは大した事件ではないが,やがてロンドン塔で,盗まれた帽子をかぶった死体が発見され,事件はにわかに殺人事件に発展する。
 その被害者の叔父にあたる引退した著名な政治家,ウィリアム・ビットン卿の家で貴重なエドガー・アラン・ポーの未発表推理小説の直筆原稿が盗まれるという盗難事件が起こる・・・。
 カーには珍しく,不可能犯罪を扱っていません。まあ,そう言うと語弊があるかもしれませんが,不可能犯罪は強調されていません。だから途中の謎興味は,帽子盗難事件と原稿盗難事件はどう関係しているのかが中心になります。犯人と目される人物については,途中二転三転しますが,結局フェル博士はかなり前から真犯人をお見通しだったという事になって,真犯人の自白で終わります。
 真正面からの不可能犯罪でないだけに,やはり途中の謎興味が不足しがちです。それと帽子収集狂の正体はずいぶん前から推測がついてしまったので,その興味も薄くなります。だから興味は,殺人の犯人はだれかというフーダニットとなります。
 そういう意味で,カーにもこんな作品がありますという作品で,”初めて読むカー”としてはお勧めできません。カーの特徴をあまり表していない作品な訳です。
 いまいちという感想は,高校時代から変わりませんでした。

| | コメント (0)

2020/10/06

ロナルド・ノックス「陸橋殺人事件」

Viaduct-murder

 イギリスのカトリック教会で2番目くらいに偉い人だったロナルド・ノックスの推理小説「陸橋殺人事件」を読みしました。長い間日本では名のみ高く,実作は読めない時代が続いていた作品です。かなり前のことになりますが,創元推理文庫に入ってやっと普通に読める様になりました。
 「推理小説好きが最後に読むべき作品」とか「すれっからしの推理小説好きが,膝を叩いて喜ぶ様な作品」といわれ,どんなものなのか読む前から興味深い作品でした。
 ゴルフ場でプレイ中,下手なショットの後にボールを探しに行った人物が発見した男の死体。鉄道の陸橋の際に遺体がありました。ひと目で列車から転落した為に死亡したと思われる死体です。この遺体の男は,鉄道の土手で顔を損傷したらしく,人相の見分けがつかない状態でしたが,服装その他で同じゴルフ場を使っている男だと思われます。
 この時のゴルフ仲間の4人が,警察を尻目に様々な捜査と推理を重ねていく物語。各人の推理は,はじめ名推理の様に見えるのですが次々に的が外れていきます。そして最後には全然違った真相に達するという話。
 東川篤哉や麻耶雄嵩に,数人の高校生が探偵役となって活躍し,試行錯誤を重ねていくタイプの推理小説がありますが,それをゴルフ仲間の大人がやったという感じの推理小説です。面白く読みましたが,特に「推理小説好きが最後に読むべき作品」とか「すれっからしの推理小説好きが,膝を叩いて喜ぶ様な作品」とか思えませんでした。

| | コメント (0)

2020/09/16

坂口安吾の「不連続殺人事件」

Furennzoku-ango 以前読んだことのある坂口安吾の「不連続殺人事件」を再読しました。推理小説の専門作家以外の作家が書いた推理小説としては,最も本格推理小説らしい作品として知られています。
 戦時中はたくさんの作家や画家が疎開していた県内有数の財閥である歌川多門邸に,終戦から2年経った昭和22年,再びそのころの人々が招待されます。しかし歌川家の人々が招待したわけではなく,だれかが偽の招待状を出して当時のメンバーを集めたのです。いまでは,疎開中の人間関係が壊れ,恋愛関係も複雑に変化しています。そこで起こる殺人事件。30人に及ぶ登場人物,刺殺,絞殺,毒殺,墜死と,その中の8人にが殺されます。名探偵巨勢博士(といっても,若い青年)の推理やいかに。
 江戸川乱歩の評論集「幻影城」のなかに,この作品に対する秀逸な紹介・評論があり,私もまったく乱歩先生に賛成ですので,詳しくはそちらをぜひご覧ください。
 犯人もトリックも知っていながら面白く読めたのは,さすがに坂口安吾先生の著作,やはり小説として面白いからでしょう。
 Kindleには青空文庫版の無料のものがありますが,なぜかKOBOには青空文庫版がなく(基本的にはKOBOには「青空文庫」がある),角川文庫版で読みました。
「薬り」など,間違いではないかと思われる言葉使い,文字使いがあるのですが,そこには「ママ」とルビがふってあり,”編集者が見逃しているのではなく,著者を尊重して「そのまま」にしているのだ”と主張しています。さすが,坂口安吾先生の作品ともなると,編集者もそんな気遣いになるのですね。

| | コメント (0)

2020/08/04

もうひとつの傑作,横溝正史「夜歩く」

Yoruaruku 横溝正史の代表作といえば,本陣殺人事件,獄門島,悪魔の手毬唄,八つ墓村,蝶々殺人事件ということになります。今回,ふとしたきっかけで「夜歩く」という作品を読んでみると,これもまた横溝の傑作の1つでありました。
 横溝作品はほとんど読んでいますから,この作品も過去に読んでいます。しかしそれは角川文庫で初版が出版された時ですから,もう47年前の事です。当然細かい筋立ては忘れていましたが,特徴的な犯人は覚えています。それでもなお,東京で起こった殺人事件が,後編で舞台を岡山県に移し,金田一耕助が登場する筋立ては非常に面白く,久しぶりに「巻を置くに能わず」という気分を味わいました。
 岡山県の地主古神家一家とその番頭格の千石家一家が住む東京小金井のみどり御殿で起こった首なし殺人事件。古神家の一族の男子は,傴僂の家系で,死亡していたのも傴僂の男性の首なし死体でした。首がないのでそれが誰だか特定できないが,遺体の年格好で考えられる者が当時の屋敷には2名いました。そしてその2名は,失踪して行方不明であり,遺体がそのどちらのものなのかわからない状況でした。
 前半の小金井編でいろいろあって,そして後半,舞台は古神家の地元岡山県に移り,ここでも首なしの女性の死体が見つかります。そしていよいよ名探偵,金田一耕助と盟友の磯川警部が登場し,ラストに向けて謎解きが展開されます。
 この作品の死体の首を切る理由は,前例がないと思います。さらに,最後に関係者全員集めた金田一耕助の謎解きの最中でも,真犯人とは異なる人物を読者は犯人と想定してしまい,それが故に最後に明かされる真犯人には驚く読者が多い事でしょう。
 フーダニットとしてサプライズエンディングも味わえる作品です。横溝正史の「夜歩く」は,高木彬光の「刺青殺人事件」と坂口安吾の「不連続殺人事件」への挑戦だと言われていますが,47年ぶりに読んでも感心しました。
 ところで,「夜歩く」という題名は,夢遊病による夜中の俳諧を表しています。夢遊病の家系である千石家を象徴した題名です。

| | コメント (0)

2020/04/26

G.K.チェスタトン の「ブラウン神父の不信」

Incredulity-of-father-brown あまりにも有名な推理小説,ブラウン神父シリーズ。イギリスの作家,ギルバート・ケイス・チェスタトンの作品で,短編ばかり全51篇(実はさらに2篇の短編集未収録作品があるらしいが)が5冊の短編集に納められています。
 ブラウン神父の物語を私が最初に読んだのは,小学生の時,学校の図書館にあったあかね書房の「少年少女世界推理文学全集」の一冊で,「ふしぎな足音」という本でした。それには,各短編集から選ばれた傑作が6篇収められていました。とにかく他の推理小説とは格が違う面白さだったのを記憶しています。トリックや「森の中に木を隠す」などの警句の宝庫です。
 その後,創元推理文庫で全5冊を読了したのが高校生の頃。それ以来,「面白かった」という記憶のみが残る中,ブラウン神父とはお付き合いがなかったのですが,最近のコロナ騒動で家にいる時間が増えた中で,ネット配信でイギリス製の「ブラウン神父」という1時間で1話完結テレビドラマを観たのです。オリジナル脚本作品もありましたが,チェスタトン 原作の「飛ぶ星」や「神の鉄槌」などが,多少形を変えてドラマ化されていました。その何作かを観て,再び読みたくなったのがきっかけで,このほど「ブラウン神父の不信」を読みました。
 この短編集は,ブラウン神父の第3短編集です。全8作が入っている短編集ですが,最近の推理小説に対してかなり読みにくい作品です。ブラウン神父ものが読みにくいという事は,よく言われる話です。高校生の頃はそれほど「読みにくい」と思ったことがなかったのですが,最近のラノベ推理小説や少年ものを含めて最近の作品を読んでいる身としては,実に分かりにくいものとなりました。創元推理文庫のブラウン神父版が最近新訳となり,高校生の頃の福田恆存訳から訳文が変わった様ですが,そのせいかとも思いました。しかし,創元推理文庫のPR文としては,「新訳となり読みやすくなった」と言っていますし,アマゾンの読者評価としては「読みにくさは新訳になってもあまり変わらない」と書いている方もいます。多分,高校生時代と今とでは,頭の柔らかさが変わったのかと思います。
 今回読んだのは創元推理文庫の2017年の新訳版。一方,第一短編集は「ブラウン神父の無垢なる事件簿」という題名のハヤカワミステリ文庫版を買ってみました。まだ積読状態ですが,訳者の違いでどう違うのかに注目しながら読んでみたいと思います。でもハヤカワ版は,第一短編集しか出ていない様ですね。ハヤカワ版の訳文が気に入ったとしても,第一短編集のしか読めません。

| | コメント (0)

2020/04/22

岡田秀文の「海妖丸事件」を読了

Kaiyomarujiken 岡田秀文の「海妖丸事件」を読みました。
 岡田秀文作品としては,以前「伊藤博文邸の怪事件」を読んでいて,「黒龍荘の惨劇」を買ったものの積読状態になっています。そのいずれも,名探偵 月輪龍太郎の活躍を,彼の友人である杉山潤之助が一人称で語る推理小説です。
 さて,「海妖丸事件」ですが,月輪シリーズ前2作と同じ明治時代の話。海妖丸という横浜からヨーロッパへ渡る貨客船で起こる事件を描いた作品です。殺人事件が2件,宝石盗難事件が2件,さらに脅迫事件もあり,それが海妖丸という船の中,それも一等船室フロアで起こる完璧なクローズド・サークルものです。完全なフーダニットで,途中,脅迫事件,宝石盗難事件は解決されますが,最後に驚きの殺人事件の真犯人が明らかになります。フーダニットはそもそもそういうものだと思いますが,サプライズエンディングの作品といえるでしょう。
 この真犯人には驚きますが,そこまで行く間がとてもまともな推理小説で,あまり推理小説的なケレン味もなく,いささか退屈ではあります。殺人,盗難,脅迫と,事件は多彩ですが謎的興味はいささか薄く,以前「伊藤博文邸の怪事件」の紹介記事で書いた,「立派な推理小説ではありますが,私のような謎好きには今一歩といえましょう。」という感想は,この作品でも同じでした。サプライズエンディングの終わりまで読んで,はじめて ○○○○トリックの面白さが明らかになるので,損な作品だといえば言えます。

| | コメント (0)

2020/04/21

東野圭吾作品 電子書籍化

Byakuyakou 書店を守りたいと言う思いから電子書籍化されてこなかった東野圭吾作品が電子書籍化されます。しかし,新型コロナウイルスの感染拡大によって在宅者が増えたこと,書店の相次ぐ休業で書籍の購入も難しくなっていることから,電子書籍化が実現したという事です。
 各社一作づつということで,「疾風ロンド」(実業之日本社),「ダイイング・アイ」(光文社),「ナミヤ雑貨店の奇蹟」(KADOKAWA),「白夜行」(集英社),「プラチナデータ」(幻冬舎),「容疑者Xの献身」(文芸春秋),「流星の絆」(講談社)。
 ガリレオシリーズから,直木賞受賞作「容疑者Xの献身」が入っていますが,加賀恭一郎シリーズからは残念ながら電子化なし。最近,映画版「麒麟の翼」をネット配信で見たところなので,加賀恭一郎シリーズも入れて欲しかったです。加賀恭一郎シリーズの講談社からは,「流星の絆」が入っていて,まあそれはそれで仕方ありませんが。
 最近電子書籍でしか本を読んでいない私としては,何はともあれ大歓迎です。電子書籍で読むことのできて,読みたい本というのはたくさんあって,どうしてもそちらを先に読んでしまって,紙ベースでしか読めない本を読むのは延び延びとなってしまいます。だから電子書籍端末を手に入れてからは,読みたい読みたいという気持ちはあるものの,東野圭吾や宮部みゆきより,有栖川有栖とか三津田信三,摩耶雄嵩,森博嗣などを読む事になってしまいます。読みたい推理小説は数多く,その多くが電子書籍で提供されているとなると,どうしても紙の本は「後で」ということになってしまう。宮部みゆきさんも,早く作品を電子書籍で提供されることを切に望みます。
 紙の本に対する電子書籍のメリットは,以前このブログにも書いたことがありますから,よろしければそちらをごらんください。↓

  「何かと便利な電子書籍」

 新型コロナウイルスは,教育のオンライン化促進,医師会が猛反対して実現していなかった初診からのネット診療の実現,買い物の宅配化促進,出前の普及など,色々な事がこれまでと違う事態になってきていて,東野圭吾の電子書籍化もその一つですね。ことによったらコロナ終息後もその状況が残るのではないかとも思います。だって,「コロナ蔓延の頃はそれでできたじゃないの」ということから。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧