2022/08/29

無症状コロナ感染者の「買い出し」容認へ

Colonagreen 政府は,新型コロナウイルス感染者の外出制限に関して,無症状でマスク着用などの感染拡大防止策を徹底すれば,食料品や生活必需品の買い出しを認める方向で調整に入ったという報道がありました
 無症状だって,感染者なら出歩いて他人を感染させることができるけれど,感染した他人は,ワクチンを打っていれば重症化しない可能性が高い。それならもはや,他人を感染させてもいいのでは?

 まあ,重症化しなくても,発症したら高熱が出て,喉が痛くなるとか頭痛がするとか,倦怠感が半端なく動けないとか,いろいろな症状が出て,仕事は休まざるを得ない事になりますが,まあ普通の風邪でもそうですし,発症した不運という事であきらめましょう。従業員が休んでしまって,スタバ某店ではイートインのオペレーションが不可能になり,1~2週間はイートイン閉鎖(テイクアウトのみ)となった例もあるようですが,まあコロナによる「働き方改革」だと思ってあきらめましょうwww。

 そもそも,感染して発症したとしても,発症の2日前から他人を感染させることができるはずで,そうなら他人への感染なんて気にしても仕方ない。自分がコロナにかかっていると気付く前に,すでに他人に感染させる能力を身に着けているという事ですからね。

 ただ,上に書いたことはあくまでも現行のオミクロン株ならばという事で,オミクロンがまた変異して違う特性を示すものになってしまったら,そのかぎりではありません。悪しからず・・・www。
(最近のオミクロン変異種は,感染力はさらに高く,毒性もさらに強くなっている可能性を指摘している現場の医師が結構いるようです。感染者数もさることながら,じわじわと死亡者が増えているのが気になります。医療もそれに従ってひっ迫の度度合いが増大しているようです。それにちょっと気になるのは,最近のコロナ変異種の流行では,重症化する人は減っているのに死亡する人が増えているという事実です。重症化というのはこれまでも今も,肺炎を見ているのですが,今回の変異種は肺炎とは限らず,その人が持っている持病,例えば透析している人なら腎臓を悪化させて死亡させるという傾向が強いようです。このような持病を悪化させるというのは,これまでの新型コロナ株でもあったわけですが,今回の変異種はその方向に強力に働くという事です。つまり,肺炎になるのではなく,コロナが他の病気の引き金になって,他の病気で亡くなってしまう。だから重症者は少ないのに死亡者は多いというわけです。「重症」を「肺炎」で見るなら,「死亡」も「肺炎」で見なければ一貫しません。まあ,「死亡」を「肺炎以外」で見るのなら,「重症」も「肺炎以外」で見なければ首尾一貫しませんね。)

| | コメント (0)

2022/08/23

現在の新型コロナはインフルエンザと同じになったのか?

Colonagreen ネット上に「新型コロナを当たり前の感染症として受け入れた時、何が起きるのか?」という記事がありました。「新型コロナウイルスの第7波流行に対して,なし崩し的に「社会経済活動を回す」という方針が決められ,このまま対策緩和に突き進んで問題はないのだろうか?」という問いかけの記事です。記事では,無防備な緩和ではなく,リスク評価を認識した上でゆっくり緩和をと説いています。
 新型コロナ初期の頃,インフルエンザより少ない重傷者数,死亡者数を指して,インフルエンザ以上の対策を行う必要はないといっていた一団の人がいました。今でもいます。
 しかし少ない重傷者数,死亡者数は,多くの人が常時マスクをして,スーパーなど各施設の出入り口で手指のアルコール消毒をして,飲食店の座席を間引いて隣との間隔を空け,なるべく他人とのおしゃべりを少なくし,夜間の外出を自粛し・・・,という努力の結果そうなったのであって,インフルエンザの様な「当たり前の感染症」として,前に挙げた特別の対策を行わなければ,感染者数はものすごい数に上り,それに見合った割合の重傷者,死亡者で世の中は溢れる事でしょう。新型コロナを「特別の感染症」と捉えて特別の対策をしたから,やっとインフルエンザ並みの被害に止まっているのです。

 それに新型コロナの流行が始まったばかりの頃,2020年4月,課長職以上を集めた東京某区の年頭訓示では,「今後少なくとも5年間は,人の集まるイベントなどの自粛を行い,新型コロナに対する特別予算を計上しなければならないだろう」といっていました。先が見える人は,その段階で2020年から少なくとも5年間は特別の防疫対策を行うことになるだろうといっていたのです。今はやっとその3年目です・・・www。

| | コメント (0)

2022/07/30

知人が新型コロナに感染しました

Colonagreen 知り合いの45歳の男性が新型コロナに感染しました。7月19日(火)の夜,熱が38度9分まで上がり,翌日水曜日に発熱外来に受診したそうです。近所の奥さんは発熱外来を受診することができなかったのに,持病があってかかりつけ医があって,そこが発熱外来を行っていたのですぐ診てもらうことができたようです。PCR検査して翌日21日木曜日午後には結果が出て,その結果陽性だったとの事です。医師からは29日まで自宅療養するようにとの指示があったとの事です。熱は解熱剤を服用して発熱の翌日には6度台の平熱に戻ったそうで,27日現在では解熱剤なしで平熱だそうです。
 濃厚接触者という事で知人の母上も同時にPCR検査を行なったら,やはり陽性だったとの事。しかし高齢者である母上は7月12日に4回目のワクチン接種を受けており,熱も出なければ新型コロナの兆候は何もなく,PCR検査をしなければ感染を認識しなかっただろうとの事です。ワクチンは感染を防ぐことはできないが,症状は軽減できるというのは今回の知人宅の例を見ると正にその通りですね。ちなみに知人は,仕事の関係で8月2日にワクチン接種する予定だったとの事で,今回の感染により接種は延期するよう医師から指示があったそうです。

| | コメント (0)

2022/07/27

さる痘問題

Saru-tou_20220727012801 欧米で流行しているサル痘に感染した人が日本で初めて確認されましたね。東京の30代の男性との事です。ヨーロッパへの渡航歴がある様ですね。
 サル痘は主として接触感染でうつるらしく,男性同士のセックスが主な感染源だとか。男女でも感染する事があるのはHIVと同様らしいです。あくまでも "主として" ですから,それがすべてというわけではありません。
 それでも,一般の人々が次々と感染するような病気ではないような気がするのですが,どうなのでしょう?
 デリケートな問題を含むので,あまり公表されませんが,男同士のセックスでうつり男女でのセックスでうつり難いのならば,アナルセックスが問題なのかなと思うわけです。男女でも男同士でも,セックスでやることはたいして変わらないと思うのですが,違うのはアナルかどうかという事でしょう。
 HIVも,結果的に見れば一般の人々はあまり関係なかったのですが,初期の頃は結構皆心配しましたよね。
 サル痘は天然痘と免疫は同一だという事ですね。天然痘と言えば,私の時代は小学校でワクチンを接種し,小学生は「ほうそう」と呼んでいて,難しい言葉で「種痘」というのがワクチン接種だという認識でした。種痘は,人は重篤にはならない牛痘という牛の天然痘ウイルスを人に植え付けるもので,それで免疫を得るという方法です。動物の天然痘は,「種痘」でわかる様に,人は軽く済むもの,そうでないものなど様々な様で,サル痘(必ずしもサルが原因というわけではないようですが)は結構人にも悪さをする種類だという事なのでしょうね。
 天然痘と言えば,伊達政宗が独眼竜になった原因が天然痘だといわれていますね。

| | コメント (0)

2022/07/25

マスクなどの新型コロナ対策は有効なのか?

Colonagreen 対新型コロナ対策,マスク,手指のアルコール消毒,会食などマスクを着けない状態で他人との接触を避けるなどの対策が "有効なのかどうか?" とふと不安になることがありませんか?
 私はしかし,上述のようなこれまでの対策は,十分対策として有効だと思っています。この3年間,風邪をひいていないからです。1年のうち何回かは喉が痛いから始まって鼻が詰まる,めったにない事ですがことによったら熱が出るなどが普通にありました。しかし,コロナ時代に入って上の対策を始めてからそんな風邪の症状が出ていないのですね。新型コロナを「単なる風邪の一種だよ」という人たちがいますが(笑),まさに風邪の症状が出ないのです。マスクを常につけていたからか,花粉症も例年に比べて本当に軽微です。
 そんな事から,新型コロナに対して通常のマスク等の対策が効いているのかと言われれば,効いていると言わざるを得ないのでしょう。

| | コメント (0)

2022/07/22

熱があったらどうすればいいの?

Colonagreen 知人の奥さんが熱が出して,喉が多少痛く,かなり倦怠感があるそうです。熱は微熱で,せいぜい37度あるかどうか。頭痛も多少あるとの事。それがもう3日続いているらしい。そう苦しいわけではないようです。でも熱は一向に下がらないという状況。昨日紹介した近所の方と同じ症状のようですが,別の方の話です。
 近所の内科医院の発熱外来を予約しようにも,満員で予約できない。開業医がだめならと,大きな市立病院に問い合わせたら,予約が5日後まで埋まっているとの事。市販の検査キットで抗原検査を行うと陰性と出てくる。コロナが陰性ならば,ただの風邪なのだろうが医者にかかることができず,市販薬でお茶を濁す事しかできない。コロナが流行っていなければ,すぐに医者に掛かって薬を処方してもらえたでしょう。大した症状ではないとはいえ,症状が3日も続いているのが気になる。
 困った時代ですね。市販の検査キットの結果ですから,PCR検査を行えばひょっとしたらコロナ陽性という結果になるのかもしれません。まあ,とりあえずコロナではないとして,でも発熱しているのは確かなので発熱外来で見てもらう以外に仕方なく,しかし予約が取れない。コロナと同じ症状なので簡単に医者に見てもらえないのです。
 なんか変な状況ですね。

| | コメント (0)

2021/12/02

日本にオミクロン株が上陸か

Colonagreen 11月28日に成田空港に到着したアフリカ南部ナミビアの30代の男性外交官は,空港での検疫で新型ウイルスの陽性と判定され,さらに詳しく分析していましたが,南アフリカ発祥のオミクロン株に感染している事がわかりました。
 感染国としてナミビアの名前は出ていない様ですが,ナミビアも感染国ということですかね?
 この男性は7月にモデルナワクチンを2回接種していたそうです。それって,私と同じなんですよね。オミクロン株はワクチンが効きにくい可能性があると言われていますが,そういうことなんですかね?

 まあしかし今回の人は,水際対策の成功例ということですね。

 しかし,ナミビアからの日本直行便というのはありませんから,南アフリカのヨハネスブルグとかドバイとかで乗り換えることになります。ヨハネスブルグからの日本直行便というのもありませんから,ナミビアからだと少なくとも2回乗り換えが必要です。
 オミクロンが噂されているような空気感染的に感染が広がるとすると(あくまでも空気感染的は噂ですが),今回の日本へ来た感染者はヨハネスブルグで感染したとも考えられますね。
 日本における濃厚接触者は70人とか言われていますが,この来日の途中での感染も考えると,それこそ濃厚接触者は何十人レベルではないでしょう。たった1人の濃厚接触者にしてそんなレベルの濃厚接触者がいて,それが世界に散らばっていくわけです。考えてみれば,感染などあっという間に地球規模で広がってしまいます。

 感染力が空気感染的に高いと言われるオミクロンですが,重症化,死亡率というのはまだ分かっていないようですね。感染力が高くて重症化・死亡率が高いとなると最悪です。今回来日した男性は,29日には発熱したということで,それ以上の重症ではないようですね。
 しかしまあ,これまでの新型コロナとはまた違った,新しい災厄の始まりと考えなくてはなりません。現在は,「これまでのデルタ株以上に重症化・死亡率が高いというデータはない」と言われていますが,そうあって欲しいものです。

 そんな中で,国内2例目の感染者が明らかになりました。ペルーに滞在歴のある20代男性で,入国時の検査で陽性となり,国立感染症研究所でゲノム解析を行った結果,オミクロン株への感染が判明したものです。
 ペルーは今の所,オミクロンの感染者が出ていないことになっています。ペルーから日本への直行便はなく,米国で乗り換えるのが普通でしょうね。どこで感染したのでしょうね。南米で感染者が明らかになっているのは,いまのところブラジルだけだと思います。

| | コメント (0)

2021/10/30

新型コロナウイルス後遺症

Colonagreen 最近,新型コロナに感染して治った後の後遺症の事がテレビのドキュメント番組になったりしています。
 一方,イギリス,シンガポールなど,withコロナとして感染者がいくら増えても(イギリスは1日5万人規模の感染者,シンガポールは人口を日本と同じに拡大すれば,1日6万人の感染者)重傷者・死亡者が低く抑えられているので問題ないとしていました。しかし最近では,少し論調が変わってきて,やはりまずいのではないかという方向に向かいつつあるようです。
 しかし日本でも,感染者が多くても重症者が低く抑えられれば御の字という人が多いようです。特に医療関係者は,重傷者・死亡者が少なければ医療的にはひっ迫しないので,そういう方向で話す人が多いように感じます。
 しかしながら後遺症というのは,患者本人にとっては結構辛いものだと思います。全員が後遺症を発症するわけではないらしいですが,どんな患者も,軽症でも,新型コロナが治癒したあと後遺症が残る可能性があるわけです。
 やはり新型コロナは,感染したら負けだと思います。新型コロナ治療薬ができても,それを服用して後遺症が発症しないかどうかはわからない。マスクの常用,会食の自粛はやはり必要でしょう。

| | コメント (0)

2021/10/15

第6波では,東京で1万人感染?

Colonagreen 「東京で1万人感染も“第6波”ピーク 来年2月の試算」という記事がネット上にアップされていました。
 まあ,第6波は避けられないと思っていますが,それまでに感染時の飲み薬は発売されるのかがポイントという事だと思いますね。感染するのは仕方ないでしょう,というか当然ですね。
 普通の風邪だって,毎年の様に感染するでしょう。そのために飲み薬があって,重症化や肺炎などへの進行は抑えられる。新型コロナもそうなるのでしょう。

 季節性とはいえない新型コロナは,インフルエンザの様に,年一回のワクチンと感染した時の特効薬という具合にはならない可能性が大きいと思っています。年3回は打たなくてはならない新型コロナワクチンというのは,現実的ではありません。感染すれば投薬,感染すれば投薬・・・,その繰り返しが普通になるのではないかな?
 ワクチンは,コンサートに行くとか,泊まりがけの旅行に行くとか,特別のイベントの時のみ事前に使う様になるでしょう。

 ただ,感染は当然としても,感染して治癒した後の後遺症というのがイヤですね。味覚や臭覚の異常,倦怠感の持続,ハゲ・・・。
 このウイルスは,自然発生したのか誰かが作り出したのかわかりませんが,この世界に新型コロナウイルスが存在する様になって,基礎疾患の予防,健康維持の大切さが,これまで以上に重要な世の中になってきました。デブ,喫煙者,深酒飲みを含めて,基礎疾患を持っている者は,今まで以上に生きづらい世の中になったわけですよ。

| | コメント (0)

2021/10/07

アストラゼネカのワクチン 1回目の接種後3人に2人が けん怠感?

Colonagreen 厚生労働省の研究班が,今年8月以降に全国8か所の医療機関でアストラゼネカのワクチンの1回目の接種を受けた179人について接種後の症状を分析した結果,「全身のけん怠感」が66%,「頭痛」が51%,37度5分以上の「発熱」が47%の人で見られたということです
 しかいまあ倦怠感なんて,ワクチンを打たなくても感じると思うのですよ。本当にワクチンのせいなの?

 ファイザーを打った知人は,打ってから5日間は頭痛に悩まされたと言っていました。しかしこの女性,振り返ってみれば,コロナ前からそのようなことを言っていて,つまりそもそも頭痛持ちなのです。
 そういう事があるので,コロナ前のその人の状況からよくよく分析してみなければ,ワクチンの副反応かどうかわからないですよ。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧