2020/01/11

日本の「ビジネスホテル」は,外国人観光客をがっかりさせるのか?

Inbound 「外国人観光客をガッカリさせる、日本の多すぎるビジネスホテル」という記事を読みました
 記事では,日本に来る外国人観光客の36.6%がビジネスホテルに宿泊している事,これはシティホテル(34.5%),リゾートホテル(13.2%),旅館(10.6%)を抑えてトップシェアである事,これは,ビジネスホテルの供給量が非常に多い事からそうなってしまうのだと言っています。そしてそれは,来日観光客をがっかりさせると言っているのです。
 私は,この記事ははっきり言って論理が破綻していると思います。
 記事では,ビジネスホテルの稼働率が高く,その他のホテル,旅館の稼働率が低い事を述べています。つまり,ビジネスホテル以外が数的に少ないということではないということですね。ビジネスホテル以外の部屋はあるのに泊まらないという事です。
 それは結局,ビジネスホテル以外は高いからということではないのか?
 それと,ビジネスホテルの清潔さ。イギリスなどでも,安いホテルと高いホテルでは,サービスはもちろんのこと、清潔感がまるで違う。日本のビジネスホテルは,その点性能が良すぎるのだと思います。外国人観光客は,そんなビジネスホテルに泊まって不満なんですかね?
 記事では,ゾーニングについて述べています。つまり,ハワイのように,観光客はなるべくワイキキに留め,住人の住む地域と隔絶しておくという政策です。ところが記事では,外国人向けプロモーション動画では「外国人観光客が日本の伝統的な旅館や温泉宿に宿泊して,日本人と触れ合うみたいなシーンがお約束となっている」という事で,そんな日本人との触れ合いを望んでいるのなら,ゾーニングなどもっての他ではありませんか?
 この記事は,なんだか論理が破綻しているように感じます。
 日本では低ランクの物のクオーリティが非常に高く,高ランクの物を利用しなくてもそれなりに満足できるという事があり,それで安い物やサービスが大量に売れて,高いものやサービスが売れないという事になり,その事はそれなりに経済的に問題があるという事になります。ホテルもその一つですが,例えば食べ物などのそうでしょう。食べ物が不味いといわれるイギリスにも美味しい食事を出す店があります。でも,イギリスで美味しいものを食べるには,それなりの手続きをして,高いお金を出して,やっとありつけるのです。日本のように,500円台の天丼を食べても,500円台でオーストラリア人の知人が「世界一おいしい牛肉料理」と言う牛丼を食べても,500円台でラーメンを食べても,そこそこ美味いという事はありません。しかし記事が言うように,安いホテルのクオーリティの高さが,インバウンド客の多寡に影響しますかね?? それは,クオーリティの高い日本のビジネスホテルに外国人が不満を持つからと記事ではいいたいようですが,本当ですか?

| | コメント (0)

2020/01/01

2020年,元旦。あけましておめでとうございます。

A-happy-new-year2020

 2020年,元旦。あけましておめでとうございます。

| | コメント (0)

2019/12/31

花のキャンドル

Candle

 ウチにあった太いキャンドル。カミさんが作ったらしい。
 今日気づいたのだけれど,これは本来クリスマス用だったのかしら?

| | コメント (0)

2019/12/24

小銭入れを買った

Purse

 持っていた小銭入れがのチャックの部分,チャックそのものでなくてチャックの周りの布の部分が切れてしまったので,小銭入れを買いました。はじめドンキホーテに行って物色しました。たくさんの種類がありましたが,どうも大きすぎるんですよね。元のものは,ただ上部にチャックがついているだけのもので,500円でした。結局,地元のショッピングセンターの店で見つけたのが,写真の小銭入れです。形は前の500円のものと同じ,大きさもほぼ同じ,値段は異なり1760円でした。
 カミさんに見せたら「1760円って偽物?」と言われました。漆を使ったこのような小物で有名なブランドで「印傳屋」というのがあるそうです。そういえば,店で買う時,すぐ使うので包装は入りませんと言ったら「箱があるのですが・・・。」と残念そう。「これだけはお持ちください」といって,写真のカードをいただきました。たしかに印傳屋とかいてあります。カミさんに見せるためにゴミ箱から回収したもので,多少ヨレています。「1760円で,ほんものの印傳屋!」とカミさんはびっくりしていました。
 結構いい買いものしたかな?

| | コメント (0)

2019/12/23

年末年始に外食・小売で休業拡がる

New-year 元日を休業する外食・小売店が増えているという記事を読みました。以前,コンビニが元日休業する話を書きましたが,外食・小売はコンビニより休みへのハードルは低いでしょう。
 チェーン店でも全ての店でというわけでありません。まあ暮や元日が商売時という立地の店もありますからね。
 前の記事でも書いたように,本来正月の備蓄料理であった「おせち料理」の復権という意味で,外食・小売の年末年始休業には賛成します。 

| | コメント (0)

2019/12/11

「韓国好きの若者が放った純ジャパという言葉に抱いた違和感」という記事

Yayoijin ネット上で「韓国好きの若者が放った「純ジャパ」という言葉に抱いた違和感」という記事を読みました。在日コリアン3世で日本国籍を持っている執筆者の方が,韓国好きの「純ジャパ」と自らはナズ女子大生に出会った話。彼女は,記事の執筆者が大学で講演したとき,講義後に声をかけてきた女子大生とのことです。
 「純ジャパ」という言葉は聞いたことがありませんでしたが,学生言葉の一種なのでしょうか。意味は純粋な日本人ということらしい。
 ほぼ日本人だけが持っているY染色体のハプログループD1bという因子があります。これは,最近の分子人類学的研究でによるもので,近隣系統のハプログループからかなり昔,4万年以上も前に分離したらしく,これを持った人々が原日本人と言えるらしいのです。それはつまり縄文人です。近隣系統のハプログループからかなり昔,4万年以上も前に分離した系統で,お隣の韓国人にも,中国人にもこの因子を持った人はおらず,日本以外ではほんのわずか,チベットにいるだけだそうです。
 この縄文人の因子は,現代の日本人にも受け継がれており,地域によって差があるとはいえ30〜70%の人が現在でもこの因子を持っているとのことです。関西が一番少なく人口の30%程度,そこから西・南,東・北へ行くほど多くなり,沖縄・北海道で70%,アイヌの方々はほぼ100%この因子を持っているそうです。
 韓国人の知人によると,私は「純粋の日本人の顔だ」と言われるのですが,果たしてこの因子を持っているのでしょうか。
 「純ジャパ」というのがこの因子を持っている人かというと,記事の「純ジャパ」はちょっと違っているようですね。この因子を持っているというのは,アメリカで言えばネイティブアメリカンの血を引いていると言っているようなものですからね。
 この記事でいう「純ジャパ」は,むしろ弥生人っぽいということかと思います。弥生人というのは縄文時代の終わり,渡来人,つまり朝鮮半島や中国からやってきた人々の血を引いているということです。
 まあ現在では,弥生人と縄文人が混じっていて,なにが「純ジャパ」かは判然としません。
 この記事の女性も,自分では「純ジャパ」といっても,朝鮮人なり中国人の要素が必ず混じっているものと思います。
 そんなことを考えると,人種差別というのは少なくとも日本・韓国・中国の間では,ナンセンスなものだと思いますね。ヘイト演説したりネットに書き込んだりしている人も,人類学上では,かならず弥生人,つまり朝鮮人や中国人の血を引いているものと思います。
 多分ヘイトできるのは,純粋な日本人に一番近いという,アイヌの方々だけでしょう。アイヌの方々がヘイト活動をしたという話は,幸にして聞いたことがありませんwww。

(写真は「弥生人」で検索して出てきたイラスト。フリーイラスト素材サイト「いらすとや」にて。)

| | コメント (0)

2019/12/06

写真では小さく見える富士山

Fujisan2

 先日アップした夕景の富士山の朝の様子です。親戚の人が入院した病院の窓から撮ったものです。
 この富士山,肉眼で見るとずいぶん大きく見え,景色の中でまず目に飛び込んでくるのですが,写真にするとそうでもない。周りのビルの方に目がいってしまうほどです。
 こういうことって,よくあるようですね。誰だったか忘れてしまいましたが,二人の有名画家が描いた同じ山の遠景の比較をテレビでやっていました。一つは写真のように写実的に描いたもの,もう一つは周りの山はそのままに,主題の山だけを大きく描いたもの。実際,肉眼で見たときの感覚は後者,つまり主題の山だけが大きく見えるという絵の方に近いという話でした。前者は写真のように写実的に,後者は写生というより見た印象を描いたというものだったわけです。両者とも,私でも名前を知っていた画家だった記憶があります。どちらが上手いとかいうものではなく,そういう方針で描いたという事ですね。

| | コメント (0)

2019/12/04

東京から見た富士山の夕景

Mtfuji

 11月1日の夕方,東京品川区から見た富士山です。
 いい天気でしたからね。
 東京からの富士山,空気の澄んだ冬らしい光景です。

| | コメント (0)

2019/12/02

誤植の多い本

Book-error 最近は,電子書籍で個人が本を出版できます。アマゾンのKindleにも,そのようなサービスがあります。
 そんな書籍を最近読んだのですが,結構誤植が多いのです。文字の欠如,漢字の誤り,等々。編集者が入った本がなんと間違いのないことか。
 プロの編集者というのは,電子書籍の時代でも必要なんですね。

| | コメント (0)

2019/12/01

昨日から相鉄はJRへ乗り入れ

 11月30日は相鉄線のJRに乗り入れ初日。相鉄本線の西谷から新線で羽沢横浜国大へ,そしてJR貨物線に乗り入れて新宿へ。
 時間があれば乗りに行こうと思っていたのですが,なんやかにやで結局行けませんでした。
 だから今日は写真もなし。残念。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧