2023/12/27

ハイパーループ・ワンが事業閉鎖

Hyperroopone 真空チューブを使って,航空機より速い速度で人間や貨物を送り届ける未来の輸送機関,ハイパーループ・ワンが,実用化に至ることなく事業閉鎖されることになったというニュースがありました。ハイパーループ・ワンは,一時200名程度の従業員がいたそうですが,現在では従業員のほとんどが解雇され,テストコースや機械など残された資産を売却しようとしているそうです。
 私としては,人を運ぶのはともかく,貨物輸送には使えるのではないかと思っていたのに,残念。
 ハイパーではないが,パイプの中を空気圧(真空)で円筒形の小さなコンテナに入れた書類を送るシステムは,ビル内の部所間の配送手段として半世紀くらい前から存在しています(小学生の時,社会科見学で行った新聞社で見た)。それほど新しい発想ではなかっただけに,期待していたのだけれど・・・。
 実用化されたら,航空貨物に比べて,ほとんど人手が不要な貨物輸送機関になる可能性があったと思います。

(挿絵は,マイクロソフトのAI描画システム,ImageCreaterに「ハイパーループ・ワン」のテーマで描かせたイラスト。ちょっと私のイメージとは違うんですけれど・・・。ハイパーループ・ワンは,空気浮上・空気圧推進(真空で引っ張る事も含む)であるというのが私のイメージで,真空中を走る鉄道で,空気抵抗がないから早く走れるという感じのこのイラストのイメージとは違うのです。)

| | コメント (0)

2023/10/15

昨日は「鉄道の日」

Railway-day 昨日は鉄道の日。新暦1872年10月14日に,、新橋駅と横浜駅とを結んだ日本初の鉄道が開業したひです。東寺の新橋駅は,汐留,横浜駅は桜木町でした。
 そこから,現在の新幹線まで続く鉄道が発達していったわけですね。

| | コメント (0)

2023/10/04

訪日観光客向け新幹線パスが,今月から70%の大幅値上げ

Shinkansen231004 「訪日観光客向け新幹線パス、今月から70%の大幅値上げ。40年ぶり」という記事を読みました
 40年分を,一気に値上げしたんでしょうか www。
 まあそれでも,お得でしょうね。最近,日本人も知らないとんでもない地方が,海外のSNS経由で人気になっていて,海外から日本の観光に訪れる人々にとって鉄道のチケットはますます使いでがあるようです。

 先日,英国の田舎へ行ってきましたが,列車の発車ホームが発車5分前に突然変わったり,座席指定列車のはずが,突然全車座席指定が解除されたり(本来9両編成で運転されるべき列車が,6両しか確保できなかったかららしい。9両分の乗客が6両に押し込められて,立っている人も多く,混乱していた),とんでもないことになりました。日本の鉄では,まずそんなことがないでしょう。

| | コメント (0)

2023/09/23

到着5分前のホームの変更と座席指定の解除

Newton-abbot-st さて,ダートムーアの玄関口,ニュートンアボット駅から列車に乗ってロンドンへ帰ります。
 発車時刻の20分前に駅へ着いて,列車の到着番線を電光掲示板で確認して,ホームで待っていたら,発車5分前になって,なんと列車の発車ホームが変わりました。それも,2本ある島式ホームの一方からもう一方へ変わり,重い荷物をもってエレベータに乗り,陸橋を移動してまたエレベータでホームに降りなければなりませんでした。しかも前述のとおり5分前ですよ。
 さらにひどいのは,私たちは座席指定券を持っていたのに,電光掲示板で急に「No Reservation」に変更されたことです。座席指定券を持っていても無効という事です。
 後で考察してみると,どうも予定した車両の都合がつかなくなったためだと思われます(故障かな?)。800形には6両編成と9両編成の2種類があり,どういう理由かはわかりませんが9両編成の車両の都合がつかなくなり,6両編成の車両が充当されることになったのだと思います。往路では9両の長い編成だったのですが,復路の列車は短い6両編成でした。そうなると当然,9両分の座席指定券を発行していたのに座席が足りなくなり,座席指定は全て解除という事になったのでしょう。
 ここらへん,英国の鉄道のいい加減さが表れています www。列車は結構な混み様でしたが,私たちは何とか座席を確保できて,ロンドンまでの3時間を座って旅行できました。社内やデッキで立っている人も結構いました。まあ,3両分の座席がなくなったのですから,そんな事態になるでしょう。

(写真は,ニュートンアボット駅舎)

| | コメント (0)

2023/09/22

18日はダートムーアからロンドンに戻ります

Train 9月18日は,ダートムーアにお別れして,ロンドンへ戻ります。ダートムーアの玄関口,Newton Abbot駅から列車に乗って,ロンドンPadington駅に向かいます。
 往路の切符は,PadingtonからNewton Abbotまで一枚の切符でしたが,復路の切符はNewton Abbot→Castle CaryとCastle Cary→Padingtonの2枚に分かれていました(娘が出発前にネットで予約したものでしたが)。娘は,時刻表を参照して直通列車の切符を購入したのだというのですが,スマホに入った2枚の切符を見てCastle Caryで乗り換えが生じるのではないかと思いました。しかしながら,指定席の座席No.は,Castle Cary前後の列車で同じ席が指定されています。なんだか訳が分かりませんでしたが,ダートムーアの宿泊先の方に聞いたら,列車は直通でも,切符を二枚に分けるとよくわからない理由で安く買えることがあり,または一つの列車でも途中駅で運行会社が変わる事もあるとの事。イギリスの鉄道は,線路を持っている組織と,列車の運行会社が違っており,同じ線路を走る列車でも様々な運行会社の列車が走っているとの事。だから,一つの列車でも,ある駅で運行会社が変わる事もあるという事でした。
 日本の例を強いてあげれば,東急東横線を走る列車が,東武鉄道の車両であったり,東京都交通局の車両であったり,東京メトロの車両であったり,西武鉄道の車両であったり,相模鉄道の車両であったりするようなものかもしれません。途中駅で運行会社が変わる例としては,東京発博多行の新幹線が,新大阪駅でJR東海からJR西日本にバトンタッチされるのに似ています。

 写真の列車は,往路のパディントン駅に停車中の800形か802形で,電化区間では架線から集電し,非電化区間では床下のディーゼルエンジンにより発電機を稼働させて電力を得るバイモード車です。10年前にダートムーアを訪れたときは,HST(ハイスピードトレイン)という,客車の前後にディーゼル機関車を連結した列車でしたが,800形,802形では,ディーゼル機関は床下に設置され,先頭,終端車両にも乗客が乗ることができます。
 この車両は,日立製作所製で,モータは日立製,ディーゼルエンジンはロールスロイスのドイツ子会社製だそうです。

| | コメント (0)

2023/08/18

阪急が関西国際空港に乗入れへ

Hankyu-densha230817 阪急電鉄は,現在工事中のなにわ筋線に乗り入れる連絡線を建設し,阪急線→南海線またはJR西日本線→関西国際空港のルートで,阪急沿線から空港まで直通急行を走らせる計画を発表しました。このルートによって,神戸三宮からは1時間20分,京都河原町からは1時間35分で空港に達するとの事です。
 なにわ筋線は,大阪府,大阪市,南海電鉄,JR西日本などが出資している関西高速鉄道(株)による第三セクター路線で,JRや南海電鉄と同じ1067mm軌間で建設中。新幹線と同じ軌間の阪急は,可変軌間車両を開発して乗り入れる計画との事です。
 超高速の新幹線ではうまくいかないようですが,阪急は可変軌間車両を開発できるかな?
 関東でも,京急と東急の羽田空港直通計画で,軌間可変車両の導入が取り沙汰されていますね。まあ,超高速鉄道以外では,海外に例がありますからね。

| | コメント (0)

2023/04/21

法華塚駅はどこに?

Hokkezuka2Hokkezuka3 先日,三里塚という「塚」はどこにあるのかという話をこのブログに書きました。その塚は染井の一里塚から始まって多古街道沿いに芝山町の二里塚,三里塚交差点付近の浅間神社にある三里塚,その次は四という数字を嫌って「法華塚」と呼ばれ,その周辺の町名にもなっています。現在は法華塚交差点付近に法華塚バス停があり,かつては成田鉄道多古線(成田鉄道になる前は千葉県営鉄道多古線)に「法華塚」という駅がありました。法華塚の「塚」自身は,法華塚交差点の近くにあるらしいのですが,かつての鉄道の法華塚駅はその近くではなく,もう少し三里塚寄り,現在の遠山小学校正門の西方にあったそうです。
 成田鉄道多古線は廃鉄ファンには有名で,人気のある廃線ですから,ネット上には廃線跡を歩くとか自転車で走るというサイトがいくつもあります。しかし,えてしてバスの法華塚付近,法華塚交差点付近に法華塚駅があったかのように書いてあることが多いのです。ところがそうではなく,成田駅の方から行って,京成本線を越えた先,廃線が東向きから大きくカーブして南に向きを変えた後の場所にあったという事です。

(地図は1914年(大正3年)の地図です。中央右寄りに「ほっけづか」と右から左へ向かって記載されているのがわかるでしょうか。法華塚駅の位置です。線路が成田方向から東進してきて,南に向きを変えたあたりに記載されているのがわかります。法華塚バス停や法華塚交差点はまだ東進している部分にありますので,駅はその位置ではありません。下の写真は,現在の法華塚です。線路が東から南へ曲がる,ちょうどそのあたりにあります。まだ京成線の手前です。法華塚駅は,この塚を通り越した先,現在の京成線を通り越した遠山小学校のあたりにあったわけですね。GoogleStreetViewの映像です。)

| | コメント (0)

2023/03/29

横浜日吉から西谷へ

Shinyokohama1 知人女性が,この度初めて東急・相鉄新横浜線に乗りました。東横線日吉から相鉄線西谷へ行く機会があり,乗ったそうです。
 そうしたら,16分しかかからず,運賃は508円だったとの事。いつもは東横線で横浜駅まで行って,相鉄に乗り換えて西谷へ行くそうで,時間にして35分ほど,運賃は415円だそうです。この女性は,「16分しか乗らないのに500円以上の運賃って,どういう事!」というのですが,私は,「20分も早くつくから90円余りも高いのだろう。90円の特急料金を払って20分早く着いたと思えばいいじゃない。」と言いました。
 3月18日に開通したこの新線は,一般的にこの女性のように "高くつく" と思っている人も多いでしょうが,圧倒的に早いのです。まあ,東急-相鉄直通電車が10分に一本程度だったりするので,事によったら駅で待っている時間が長い場合があるかもしれませんが,それでも早いようです。

 一般的に言って東横線からの新線の利用は,新幹線に乗るために新横浜へ行く場合が多いでしょう。この場合,電車に乗ってしまえば,日吉ー新横浜間は7分しかかかりません。運賃は250円です。以前の菊名乗換,JR横浜線利用では15分程度,326円かかりますから,時間的にも料金的にも便利になりました。

| | コメント (0)

2023/03/19

東急と相鉄の新横浜線が開通

Ekimeihyou-hiyoshiSyounandai
 3月18日(土),東急と相模鉄道の新横浜線が開通しました。早速,東横線方面から相模鉄道湘南台まで乗ってみました。以前記事にしましたけれど,湘南台は全く馴染みがないわけではなく,そこへこの日からは乗り換えなしで東横線や目黒線から行ける様になるわけです。
 左の写真は,日吉駅の駅名標です。日吉の横浜方向の駅は,これまで「綱島」だけだったのですが,この日からそれに「新綱島」が加わります。
 次の写真は,東急東横線用の5050系に表示された「湘南台」という行き先。ちょうど私が駅に着いた時,相鉄20000系の湘南台行きが来たのですが,相鉄車両に「湘南台」が表示されていても珍しくないからとスルー。まあ,東急の車両に「湘南台」が表示されているのも,そのうち珍しくなくなるでしょう。

(写真は,クリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

2023/03/09

東横線にも海老名行きが

Toyokosen-diagram 3月18日(土)から,東急新横浜線,日吉-新横浜間が開通し,相模鉄道新横浜線につながります。それに先立って,既に東急線各駅の時刻表は書き換えが完了し,反対に「17日までのダイヤ」として現状の時刻表がその上に簡易的に貼り付けられています。  18日からの時刻表を見ると,これまで見たことがなかった行き先,湘南台,海老名,大和,西谷,新横浜が表われていました。いよいよという感じです。 (写真は,東横線自由が丘駅の表示です。自由が丘駅を通っていない目黒線の駅にも,同様の行き先が示されているものと思います。写真は,クリックすると拡大します。)

| | コメント (0)

より以前の記事一覧